「こんなに食べられない!」義実家同居は天国?地獄?私が食べる姿を見て夫の反応は…

「こんなに食べられない!」義実家同居は天国?地獄?私が食べる姿を見て夫の反応は…

太りやすい体質の私は、小学生のころクラス1のぽっちゃりボディでした。所属していたマーチングバンドでは、体の大きさから強制的にチューバ担当、おいしそうに米をほおばる私のニックネームは”おにぎり”。どうやら父方の遺伝子のなせる業だったわけですが、その後「デブは悪」という教育方針のもと徹底的に食事の制限をされ、中学校へ上がるころには別人のように痩せた、という過去が私にはありました。「太るのはNG」と自分自身に言い聞かせて大人になった私ですが、結婚して義実家で暮らすことになり……。

「こんなに食べられない!」義実家同居は天国?地獄?私が食べる姿を見て夫の反応は…

「こんなに食べられない!」義実家同居は天国?地獄?私が食べる姿を見て夫の反応は…


義実家の華やぐ食卓に誘惑され…

私は結婚と同時に義実家で同居を始めました。嫁いできたこの家の主義は、「食卓には食べきれないほどたくさんおかずを並べるのが幸せ」という、ダイエットとは無縁のもの。義両親も夫も、ぽっちゃり体型です。


同居当初は一度の食事量に驚きましたが、義両親の作るおかずはどれも激ウマで、みるみるうちに私の肥満遺伝子は羽を伸ばし始めました。


私も含め、義父、義母、夫、皆一様に料理が好きで、全員が代わるがわるキッチンに立って逸品を振る舞うため、おのずと摂取カロリーは増えていくばかりなのです。

私がぽちゃると喜ぶ夫

とはいえ私は、常に肥満体型を叱られて育ったために、食べることに対して相当罪悪感を持っていました。ですから同居当初は、否応なく提供される大量の食事が重荷で、迷惑にすら感じたこともありました。


出される料理はどれも絶品なのにも関わらず、素直に喜べない自分にも嫌気がさしてきたころ、私が美味しそうに食べている姿を見て夫が喜んでいることに気付いたのです。


バクバク食べる私を、まるで孫を見る祖父のように穏やかな顔で眺める夫。そういえば、夫が好きな芸能人は皆ぽっちゃりさんだし、食後の私のおなかをさすって喜んでいる。義家族が全員ぽっちゃりなこともあり、「夫は私にもぽっちゃりになってほしいのかも」と思うようになりました。

関連記事:

ピックアップ

<金銭トラブル>「そんなことある!?」大金は返ってこず、夫は無職に。さらに予想外の出来事が…
<ヤバ過ぎる義母>「スッキリした」義母にブチ切れ寸前の嫁が隠していた、意外なストレス発散法とは…
<SNSトラブル>「今がチャンスだ」娘よりフォロワーが最優先!?ママのありえない行動とは…!?
〈40代トラブル〉「ええ~っ!」電話の主は義母。予感が的中してしまった伝言とは…