「肺腺癌」を発症する原因はご存知ですか?

「肺腺癌」を発症する原因はご存知ですか?

日本では、成人における死因の1位は癌です。中でもテレビや新聞などのメディアを中心に、「肺腺癌」という言葉を耳にする機会が増えています。

病名を見ても分かるように肺に関する癌のひとつですが、たばこを吸わない方や若い方が発症することでも知られています。

また近年では、肺腺癌が発症する過程が徐々に解明されてきました。

癌は、日本人の2人に1人は発症するといわれるほど身近な病気です。ご自身や大切な方が発症する可能性もあるため、肺腺癌の症状や治療方法についても知っておきましょう。

肺腺癌とはどんな病気?

悩む女性

肺腺癌とはどんな病気ですか?

肺腺癌とは、肺がんのひとつです。肺がんは組織の型によって、小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分かれます。非小細胞肺がんはさらに3つに分けられ、そのひとつが肺腺癌です。

肺腺癌は唾液を作る唾液腺や胃液を分泌する緯線などのように、線組織と似た形をしています。癌ができる箇所としては、肺の奥に発生するケースがよくみられます。

また肺腺癌は、肺がんのなかでも発生する頻度が高いことが特徴です。肺がん全体のおよそ半数ほどが、肺腺癌だとされています。

肺がんの一種なのですね。発症した際にみられる症状は何ですか?

肺腺癌は、初期の段階では明確な症状が出にくいことが特徴です。肺腺癌を含む肺がんは特有の症状がないため、気付くのが遅れてしまうことも珍しくありません。

症状が進行するにつれ胸の痛みや咳、痰などの症状が現われます。呼吸器疾患と見分けが付きにくいですが、長期間続くときは癌の疑いもあるため注意が必要です。

また癌が転移した場合には、転移した箇所に症状や異変が起きることがあります。例えばめまいやふらつきの症状があるときは、脳への転移が疑われます。

発症する原因は何ですか?

肺腺癌が発症する原因については、現在のところ明確に解明されていません。遺伝子などの研究も進められていますが、根拠としては不十分な現状です。

ただし喫煙との関係性については、さまざまな研究で指摘されています。タバコには発癌性物質が含まれており、肺細胞の遺伝子を傷つけることで癌が生じると考えられています。

またアスベストと接触するなどの職業的な要因、大気汚染なども肺腺癌を引き起こす危険因子とされているようです。

喫煙者ではない人の発症も多いと聞いたのですが…。

肺腺癌は喫煙者だけでなく、非喫煙者の発症も男女問わず多くみられます。喫煙することで発症するリスクが高まるとされていますが、直接的な原因は分かっていません。

ただし肺腺癌は、受動喫煙の影響を強く受けるとされています。例えば喫煙者が配偶者の場合、喫煙しない人でも発症する確率が高い傾向にあります。

肺腺癌の診断・検査とは?

診察

肺腺癌の検査内容を教えてください。

肺腺癌の疑いがある場合には癌かどうかの判断と進行状況、治療に体が耐えられるかなどの検査が必要です。そのため項目ごとに、精密検査を行います。

まずは、癌かどうか判断するための検査です。主に胸部CTなどを使って、他の病気でないか詳しく検査が行われます。癌の疑いが強い場合には診断を確定させるために、さらに詳しい検査が必要です。この段階では気管支鏡検査や生検を行い、細胞や組織を採取して癌細胞のタイプを調べます。

癌が確認されたときは、転移についても調べなければなりません。転移が疑われる箇所のMRI検査やPET検査、腫瘍マーカーなどを活用し転移の確認と治療方針を検討します。

大まかな治療方針が定まったら、治療薬を決めるための検査も必要です。薬の効果を高めるために、遺伝子検査や癌細胞のPD-L1タンパクの検査などが行われます。

一般的には上記のような検査が行われますが、症状や状態によってはさらに詳しい検査が必要となる場合があります。

検査結果が出てからどのくらいで治療が始まるのでしょうか?

治療開始までの期間は、癌の進行具合や治療を受ける予定の病院によって異なります。目安としては、検査後1~3週間ほどで治療が始まる医療機関が多いようです。

ただし癌の進行が進んでいるときは、早めに治療を行う必要があります。そのような場合には、目安の期間より早く治療が開始されることがあります。

なお治療が始まるまでの期間に、入院の手続きや準備を行うことが一般的です。症状や医療機関によっては、追加での検査が必要となる場合もあります。

関連記事:

ピックアップ

「虫歯」の「見分け方」はご存知ですか?「虫歯の治療」についても解説!
~実録・闘病体験~ 出来たことが出来なくなっていく息子。原因不明の「ジストニア」
「朝に吐き気」を催す原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
「低血糖症」になると現れる症状はご存知ですか?医師が監修!