「蕁麻疹(じんましん)」を発症する原因はご存知ですか?

「蕁麻疹(じんましん)」を発症する原因はご存知ですか?

食べ物や温度、衣類の擦れなど何らかの刺激によって起こる蕁麻疹は、痒さを我慢できずにかきむしって悪化させてしまうこともあります。繰り返し起こることで、ストレスや睡眠不足を招き、日常生活に支障をきたすこともあるでしょう。
今回は蕁麻疹の特徴や症状、原因、代表的な病気、受診科目などを解説します。

蕁麻疹とは

蕁麻疹とは?

蕁麻疹とはどのような病気ですか?

蕁麻疹は突発的に皮膚の一部が赤く盛り上がって、しばらくすると跡形もなく消えてなくなる病気です。痒みが特徴で、チクチクとした痒みや患部が焼けるような感じ(灼熱感)を伴うこともあります。
蕁麻疹はウイルス性の発疹とは異なり、人から人へ感染することはありません。
症状が出始めて1か月以内の蕁麻疹を急性蕁麻疹、1か月以上続く蕁麻疹を慢性蕁麻疹と区別します。
原因が分かっている蕁麻疹は全体の1〜3割程で、多くの場合原因がはっきりと分かっていません。

蕁麻疹の症状

蕁麻疹はどのような症状が現れるのでしょうか?

蕁麻疹は、蚊に刺されたような赤みと膨らみ(膨疹)などの症状が特徴です。蕁麻疹の大きさは大小さまざまで、膨疹が繋がると地図のように身体中に広がって見えることもあります。
蕁麻疹は強い痒みが起こることが多く、チクチクしたり、焼けるように感じたりする灼熱感を伴うこともあります。慢性蕁麻疹の場合、夕方から夜間にかけて症状が出やすく、決まった時間に蕁麻疹が出ることもあります。
蕁麻疹が続くときは医療機関を受診し、内服などで症状を抑えましょう。

蕁麻疹が出るとどのくらい持続しますか?

蕁麻疹は通常は24時間以内に、跡形もなく消えてしまいます。このうち、多くは数時間以内に消えるのが蕁麻疹の特徴です。
しかし、24時間以上経っても蕁麻疹が消えないことがあります。この場合は、蕁麻疹様紅斑と呼び、別の病気として区別します。

蕁麻疹は身体のどの部位に現れますか?

蕁麻疹が起こる部位はさまざまで、顔を含めて全身どの部位にも起こります。特に起こりやすい部位には、大腿や腹部、お尻、膝のうしろ、頬、首などの皮膚がやわらかい部位に発症しやすいことが分かっています。
そのほかには、足の裏や手の甲、頭皮にも発疹が起こることもあるようです。ただし、蕁麻疹は、かきむしることで、蕁麻疹の範囲が広がることもあります。口のなかや咽頭、気道にできると、痒みと同時に息苦しくなったり、声がかれたりすることもあります。
刺激を与えると一時的に痒みは治まりますが、蕁麻疹の範囲は広がるため悪循環に陥ることもあるため、患部を刺激しないことが大切です。

関連記事:

ピックアップ

「生活習慣病」を「予防する7つの習慣」はご存知ですか?医師が監修!
「虫歯」の「見分け方」はご存知ですか?「虫歯の治療」についても解説!
~実録・闘病体験~ 出来たことが出来なくなっていく息子。原因不明の「ジストニア」
「朝に吐き気」を催す原因はご存知ですか?医師が徹底解説!