「顔にかけちゃった!?」出産時、助産師さんの顔にバッシャーン!勢いよくかかってびしょ濡れに…

「顔にかけちゃった!?」出産時、助産師さんの顔にバッシャーン!勢いよくかかってびしょ濡れに…

私には2人の息子がいます。次男を出産するとき、子宮口は順調に開いたのに破水はなかなかしませんでした。いよいよ人工破膜をしなくては、というタイミングで、思いもよらないことが起こったのです。2度目の出産だからと高をくくっていた私が、助産師さんまでをも巻き込んでしまった、次男出産時の恥ずかしかった体験談をお話しします。

順調に開いていく子宮口

私が長男を出産したときは、病院へ着いてから1時間もたたないうちに、第一子と思えないほどあっという間に生まれてきました。


次男妊娠中もこれといって問題はなく順調でした。2人目の出産でもあり、痛みにもわりと強いタイプだったので、私は陣痛が始まっても「夕飯を食べてから病院へ行こう」と考えられるほど余裕があったのです。


陣痛の間隔が短くなり、病院へ行くとすでに子宮口は7cm。痛みはあるものの、私はもうすぐ生まれてくるという高揚感でいっぱいでした。

なかなか破水しなくて…

しかし、病院について1時間ほどたっても破水しません。子宮口は時間が経つにつれて広がっていきます。子宮口が広がるとともに、私はいきみたい気持ちになってきました。いきみ逃しも限界だと思っていたところ、助産師さんが独り言のようにこう言いました。「人工破膜をしたほうが良いみたいね……」。


人工破膜とは、文字通り人工的に膜を破り破水させることです。助産師さんが子宮口を確認しようと身をかがめたそのとき、思いもよらないことが起こりました。

関連記事:

ピックアップ

「5億ギガ欲しい」神様、アップル様お願い…!子どものかわいい瞬間を撮り逃さない力をどうか私に!
<ウソつきなママ友>「もう関わることはないと思ったのに」ママ友にウソつき呼ばわりされ決別したが…
<浮気トラブル>「夫との子じゃない!?」じゃあ夫の浮気相手が産んだ子どもは一体…?
<口唇口蓋裂>抜糸処置当日。「行ってくるね」と落ち着いた様子で娘は手術室に入って行き…