ボリュームあっても低カロリー♪オートミールと豆腐で「食べる」ダイエット

ボリュームあっても低カロリー♪オートミールと豆腐で「食べる」ダイエット

豆腐とオートミール、どちらもヘルシーな食材といわれますね。カロリーも糖質も控えめで、良質なタンパク質をたっぷり含む組み合わせです。オートミールから水溶性・不溶性の両方の食物繊維を摂ることができ、食べごたえがあるのもうれしいですね。豆腐とオートミールで「食べるダイエット」のポイントと、手軽でおいしい食べ方をご紹介します。

豆腐とオートミールで「食べる」ダイエットの気になるポイント

60 img 3583 sq

オートミールとは、オーツ麦(えん麦)という麦の一種を食べやすく加工した食品。豆腐は、畑の肉と言われる大豆を加工した食品ですね。

どちらもヘルシー食材といわれることの多いオートミールと豆腐の組み合わせは、栄養バランスの面でも、味の面でも、また料理でのアレンジしやすさという面でもおすすめです。気になるポイントを解説します。

オートミールとお豆腐のカロリーは本当に少ないの?

大豆を原料にして、水分を多く含む豆腐は、カロリー控えめ食材の代表選手。冷ややっこ1つ100gとすると、絹ごし豆腐なら56kcal。よく3つセットで売られているパック売りの豆腐は150gのことが多いのですが、あれを丸ごと1つ食べても84kcalと考えると、その低カロリーぶりが実感できますね。

いっぽう、オートミールはヘルシー食材と言っても炭水化物を主な栄養素とする穀類なので、100gあたりのカロリーは350kcalと、なかなかヘビーです[*1]。

ただし、オートミールの1食分は約30gといわれています。オートミール1食分あたりのカロリーは、105.0kcalと決して多くはなく、米1食分(65g)[*2]の222.3kcalと比較しても、半分以下なんですよ。

ピックアップ

【義母はお取引様】ビジネスの基本を応用したら義実家付き合いがスムーズに!『ころんでもポジティブ』
サワークリームの代用に!家にもある身近な食材でサワークリームに近づくか作ってみた
生後10ヶ月の赤ちゃんが人生初の動物園で見せた「素直すぎるリアクション」超キュート!
そこじゃない! 冤罪だというのなら、ちゃんと説明してほしい『うちの子は絶対に盗んでません! Vol.100』