【完熟バナナ消費レシピ】農家直伝!「ホケミで作るバナナ渋滞ケーキ」砂糖なしでもアマ~~い!

【完熟バナナ消費レシピ】農家直伝!「ホケミで作るバナナ渋滞ケーキ」砂糖なしでもアマ~~い!

買っておいたバナナが熟しちゃって、すぐにも食べないと…。そんなピンチを解決する完熟バナナレシピがあるんです! 熊本県のバナナ農家、高木明日香さんが教えてくれたバナナケーキは、2.5本を一気に使用! しかもホケミと合わせることで失敗ナシと聞いて、お菓子作りビギナーのわたしでもイケそうな気がします。ちゃんと膨らむかな~(ドキドキ)。

【バナナのお菓子】青バナナを油で揚げた「青バナナチップス」サクッホクで”無限ループ食べ”な件【農家直伝】

教えてくれたのは熊本県八代市でバナナを育てる高木明日香さん。まだまだ珍しい国産バナナですが、熊本県のほか、沖縄県や鹿児島県などでも栽培されています。

そんな高木さんイチオシの完熟バナナレシピが、今回紹介する「バナナたっぷりケーキ」です。

「熟したバナナは柔らかいので調理しやすく、香りも強いのでバナナケーキにうってつけ。ホケミを混ぜて焼くだけだから、誰が作ってもおいしく出来ますよ!」(高木さん)

お菓子作りビギナーのわたしにとって、なんて心強い言葉! では、作ってみます。

完熟バナナはケーキで食べ切り!「ホケミで作るバナナ渋滞ケーキ」

材料(18cmのパウンドケーキ1本分)
バナナ(完熟バナナがおすすめ)…2本と1/2本(1/2本は飾り用)
牛乳…50ml
バター…50g
ホットケーキミックス…200g
卵…2個

作り方
1.ボウルにバナナ2本を入れ、フォークで潰す。

完熟バナナは柔らかく、フォークでつぶしただけでこの通り! なめらかな液状になりました。

これなら他の材料ともしっかり混ざってくれそうです◎

2.飾り用のバナナは薄切りに、オーブンは180℃に余熱する。

3.1に牛乳、バター、ホットケーキミックス、卵を入れて混ぜる。

バターは電子レンジ(600W)で20秒ほど加熱すればダマにならずよく混ざります。

4.クッキングシートを敷いた型に3を入れ、飾り用のバナナを上に乗せる。

「飾り用のバナナは焼いても焦げません。安心してくださいね~」(高木さん)

5.オーブンで35分焼けば、出来上がり。

生地がきちんと膨らむかな…という不安がありましたが大成功。きれいに焼きあがりました! 冷ましてから切り分けていただきます。

飾りのバナナは花が咲いたようでかわいい~!

「砂糖を使わなくてもバナナの甘さだけで十分ですよ」と高木さん。食べてみると…バナナの優しい甘さが口いっぱいに広がりました!たしかにこれなら砂糖なしでも大満足。

しっかりと中まで火が通っていて、フワッフワの食感なのも嬉しい。あまりのおいしさに、味見のつもりが二切れ食べてしまいました(笑)。

「デザート感をもっと出したいなら、カットしたバナナやホイップクリームを添えるといいですよ。完熟バナナのおいしさを堪能してくださいね」(高木さん)

手作りならではの素朴な味で子どものおやつにもぴったり。簡単だしリピ確定です。みなさんもぜひ作ってみてくださいね!

高木さんはバナナのお酒も試作中!

高木さんのバナナは熊本県外からも大人気! そんな評判を聞きつけて、ある依頼があったそう。

高木さんの育てる「たかきのバナナ」はモチモチっとした食感と爽やかな風味が特徴です。

「八代市から『バナナでお酒を作りませんか?』というお話をいただいて。今、地元の酒造メーカーと協力して試作しているところです。みなさんにお届けできるよう、早く形にしたいですね」(高木さん)

お酒のほかにも、地元の木材会社が作る緩衝材をバナナの梱包に使ったり、飲食店のニーズに応えてバナナの葉を販売をしたりと、地域を盛り上げるため積極的に活動する高木さん。そのパワーの源は何ですか?

バナナの梱包に使われる緩衝材には、水害時の流木や県内の間伐材が使われています。

「この地域の農業の先輩方の存在ですね。みんなすごく元気なんです(笑)。世代を問わず、チャレンジする文化が根付いてるし、新しいものも受け入れてもらえる。そんな姿に刺激を受けて、わたしも頑張ろう!とやる気が出てきます」(高木さん)

終始笑顔で答えてくれた高木さんの明るさに、こちらまで元気をもらいました!

そんな高木さんが育てたバナナは、通販で購入できます。くわしく知りたい方は株式会社たかきのホームページをチェックしてくださいね。


株式会社たかき

高木明日香さん

江戸時代から続く農家の生まれ。熊本県八代市で無農薬の国産バナナを栽培する。「バナナを通じて地域を盛り上げたい」という思いから、地域の保育園児を招待してのハウス見学や、地元酒造メーカーとバナナ酒の開発などもおこなう。
 
株式会社たかき HP 
https://www.takaki-komekoubou.com/

配信元

あたらしい日日
あたらしい日日
世界が目まぐるしく変わってゆく今だからこそ、自然を身近に感じながら、自分らしく、気持ちよく暮らしたい。『あたらしい日日』は、そんな思いを抱くすべての女性のためのライフスタイルメディアです。「食」や「農」の話題を中心に、“あたらしい暮らし”に合う食べ方、住み方、働き方、遊び方、自分の磨き方…などを提案します。
世界が目まぐるしく変わってゆく今だからこそ、自然を身近に感じながら、自分らしく、気持ちよく暮らしたい。『あたらしい日日』は、そんな思いを抱くすべての女性のためのライフスタイルメディアです。「食」や「農」の話題を中心に、“あたらしい暮らし”に合う食べ方、住み方、働き方、遊び方、自分の磨き方…などを提案します。

ピックアップ

養鶏農家がレトルト食品『黄金の鶏ガラスープ』を開発!?「命を最後まで大切に」の思い結実!【食べるSDGs】
【タサン志麻さん】脂しみしみな「なすの肉巻き」作ってみた!オニオンレモンのソースで南仏の風が吹く~♪
【青髪のテツ】「採れたて新鮮かぼちゃには手を出すなよ、お嬢さん」だって、おいしくないのさ(野菜のプロ談)
【全農公式Twitter】「小松菜」は刻んで冷凍がベストらしい…試してみた!自然解凍すればおひたしが即!