【低用量ピル】効果解説! 副作用や生理痛改善、子宮内膜症・不妊の予防など

【低用量ピル】効果解説! 副作用や生理痛改善、子宮内膜症・不妊の予防など

ピルの内服方法

ピルの内服方法

編集部

では、子宮内膜症の予防などのために低用量ピルを内服することは有用なのですね。

井野先生

そうですね。低用量ピルには子宮内膜症を予防するだけでなく、生理痛がひどいという場合にも、痛みをかなり低減させることができます。生理痛を緩和させたいという場合や子宮内膜症を予防したいという場合に低用量ピルを内服することは、大いに有用であるといえます。

編集部

低用量ピルの内服方法を教えてください。

井野先生

原則として生理の初日から内服します。そのほかのタイミングで内服する場合には主治医の指示に従ってください。また、低用量ピルには、1シート21錠のものと28錠のものがあります。21錠のものは、全ての錠剤にホルモンが入っています(実薬)。生理初日から毎日決まった時間に一錠内服します。21錠飲み終わったら、7日間の休薬期間を挟み、次のシートの錠剤を再び内服し始めてください。28錠タイプのものは、21錠の実薬と7錠のプラセボ錠(偽薬)で構成されています。プラセボ錠は飲み忘れを防ぐためのもので、飲み忘れてしまった場合も問題はありません。しかし、プラセボ錠を飲み忘れた場合には、その錠剤は破棄してください。

編集部

実薬を飲み忘れてしまった場合には、どうしたら良いのでしょうか?

井野先生

飲み忘れてしまった時の対応を事前に主治医に確認しておくほか、飲み忘れが心配な場合には、28錠のものを選ぶと良いでしょう。一錠飲み忘れてしまった場合には、24時間以内であれば気づいた時点で内服し、翌日以降はいつも通りの時間に内服してください。もし2錠以上飲み忘れてしまった場合には服用を一時中断し、生理が始まってから次のシートを内服しましょう。

編集部

ほかに低用量ピルを内服する際の注意点はありますか?

井野先生

大きな心配はいりません。ただ、低用量ピルの内服では血栓症のリスクが上がるため、十分な水分摂取や適度な運動、喫煙している場合には禁煙をしましょう。下肢の疼痛や腫脹などの症状があって血栓が疑わしい時は、ピルを処方してもらっているクリニックで血液検査を受けてください。

編集部

ありがとうございました。最後に読者の皆様にメッセージをお願いします。

井野先生

低用量ピルは、日本ではまだ広く普及していないお薬ですが、さまざまな病気や不調を予防する効果を期待できる頼もしいお薬です。不妊の原因となる子宮内膜症だけでなく、つらい生理痛などを軽減させる効果も期待できるのです。このような症状でお悩みの場合には、低用量ピルについて一度婦人科に相談してみてはいかがでしょうか。

編集部まとめ

低用量ピルの内服では、不妊の原因になる子宮内膜症を予防する効果が期待できることがわかりました。将来の妊娠を希望され、子宮内膜症を予防したいとお考えの場合には、低用量ピルの内服を検討してみると良いでしょう。

近くの産婦人科を探す

関連記事:

Medical DOC
Medical DOC
Medical DOC(メディカルドキュメント)は800名以上の監修ドクターと作った医療情報サイトです。 カラダの悩みは人それぞれ。その人にあった病院やクリニック・ドクター・医療情報を見つけることは、簡単ではありません。 Medical DOCはカラダの悩みを抱える方へ「信頼できる」「わかりやすい」情報をお届け致します。
Medical DOC(メディカルドキュメント)は800名以上の監修ドクターと作った医療情報サイトです。 カラダの悩みは人それぞれ。その人にあった病院やクリニック・ドクター・医療情報を見つけることは、簡単ではありません。 Medical DOCはカラダの悩みを抱える方へ「信頼できる」「わかりやすい」情報をお届け致します。

ピックアップ

「唇が荒れる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
「目が腫れる」症状で考えられる病気はご存知ですか?医師が解説!
「ガングリオン」の症状・原因はご存知ですか?医師が監修!
「腕がしびれる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!