和歌山の名門酒蔵が手がける日本橋のどぶろく醸造所_MEETS SAKEBITO 最終回

和歌山の名門酒蔵が手がける日本橋のどぶろく醸造所_MEETS SAKEBITO 最終回

日本の酒が生まれる地を訪ねる連載「MEETS SAKEBITO」。昨今話題のどぶろくシーンに新たなニュース! 和歌山の名門酒蔵が手がける、東京・日本橋の醸造所へ

最終回 東京・日本橋 「平和どぶろく兜町醸造所」 醸造家・田村浩貴さん、宿南俊貴さん

醸造担当の田村さん(一番右)は2013年入社の31歳、宿南さん(中央右)は2018年入社の27歳。若手を積極採用する「平和酒造」らしい、フレッシュなメンバーで運営していく。一番左は「平和酒造」社長の山本典正さん、中央左は店舗マネージャーの檀上絢子さん

日本酒「紀土」で知られる「平和酒造」が、東京・日本橋にバー併設のどぶろく醸造所をオープン。

「平和酒造」と言えば平均年齢31歳、伝統に革新性を融合した酒造りで業界を牽引する存在です。

となれば、こちらも最新設備が揃うハイスペックなものに? 驚くなかれ、醸造室は約4坪。

極狭空間に、麹室代わりのスチーム機能付きオーブンと冷蔵庫がぎゅっと詰め込まれ、発酵タンクは冷蔵庫内に並ぶ10?サイズのホーロー鍋!

左上/できたてのどぶろくは70mlで550円前後 右上/一度に醸造できるどぶろくは約7?と超少量。仕込みや設備の洗浄には、すべて和歌山の蔵から運んだ井戸水を使う 左下/店内奥には、醸造室をのぞける特等席も 右下/和歌山県特産の金山寺味噌や山椒を使ったフードや、鯖寿司などを提供

「手造り感がすごいですよね(笑)。でもお酒は元々農家の台所でこんな風に造られていたもの。日本酒文化の源流を感じてもらえたら」と話すのは、社長の山本典正さん。

曰く、ここはどぶろくの“ラボ”。通常の400 分の1という規模だからこそできる実験的な醸造に挑み、香り付けにホップを使ったり、小豆と一緒に仕込んだりしたユニークなどぶろくが次々登場。

郷土色豊かなフードを提供するバーでは、若き醸造家も自ら接客。飲んで食べて語って、日本の酒カルチャーを体感してみて。

「平和どぶろく兜町醸造所」で生まれたどぶろく

どぶろく各種
3000円前後(720ml)

毎度仕込み量が少ないため、レギュラー酒は設けず、その時々にあるどぶろくを限定販売。一期一会の味わいに出会えるのもここならでは!

平和どぶろく兜町醸造所 

TEL.03-6264-9457 
住所/東京都中央区日本橋兜町8-5
営業時間/13:00~22:00 
定休日/無休

直売あり。醸造所内部の見学不可(一部イートインスペースより外からの見学は可能) 

関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

オイルイン美容『Lala Vie(ララヴィ)』のヘアケア│うるおい補修でさらツヤ髪へ導くヘアエッセンスオイル新発売
リーガロイヤルホテル東京「ハロウィーンアフタヌーンティー"Trick & Treat"」。シェフが仕掛けるいたずらスイーツも
いもくりかぼちゃアフタヌーンティーに、シャインマスカットパフェも。東京マリオットホテル「Afternoon Tea -Autumn Treats-」
愛犬もテント内で宿泊OK!シェフ監修の美食を味わう「RITA’S RANCH南軽井沢」【群馬県・南軽井沢】