解凍時間0分!? ローソン新作パン、冷凍食品とは思えない…

解凍時間0分!? ローソン新作パン、冷凍食品とは思えない…

第1491回 ローソンのこれ注目!ママテナピックアップ
主食からおかず、食後のデザートにいたるまで、なんでもそろう冷凍食品。最近はコンビニでも種類が豊富で、より手軽なものになりましたよね。ローソンでは、2021年11月から冷凍食品メニューを拡大し始めましたが、新商品の「板チョコデニッシュ」もおすすめですよ。

出してすぐ食べられる!?

2022年6月28日(火)、ローソンは、「板チョコデニッシュ」(税込135円)という新商品を発売しました。

解凍時間0分!? ローソン新作パン、冷凍食品とは思えない…

ローソンいわく、“パリっとした板チョコとバター香るデニッシュ生地が楽しめます”とのことですが、冷凍庫から取り出してすぐ、つまり解凍時間0分で食べられるというのも大きな魅力です。

商品名を聞いて、当たり前のようにずっとパンコーナーを探していたのですが、なかなか発見できず。一度はあきらめて、なんとなく覗いた冷凍食品コーナーで見つけた時は、思わず二度見しました!

ちょい温めがおすすめ

解凍時間0分!? ローソン新作パン、冷凍食品とは思えない…

上の写真は、冷凍庫から取り出した直後に撮影したもの。これを見て、「ついさっきまで冷凍庫に入っていた」と気づける人はそんなに多くないはず!

さっそく食べてみると、一般的なデニッシュの食感と何も変わらず。板チョコもパリッとしていて、本当に違和感がありません。ただ、板チョコのほかにチョコクリーム(?)もサンドされているのですが、これだけはシャリシャリ感が残っていました。

いまは暑いので、多少シャリシャリしていてもむしろありがたいのですが、それが嫌な方はチョコが溶けない程度に電子レンジで温めるか、しばらく室温で放置するのがよさそうです。

味については、パン生地にはほとんど甘さがないので、甘さ要素はシンプルにチョコだけですね。おやつはもちろん、朝食にもおすすめですよ。

また、冷凍食品なので、賞味期限が長いのもうれしいポイント。筆者が購入したものは、購入した日から約1年後が期限になっていました!
(文・撮影:明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

「夏にピッタリ」「めちゃおいしい」ローソンのレモン新商品、マジでおすすめ!
ローソンの「クリームソーダ」は“とぅるん”と食べられる!
もっちり爽やか!「ホボクリム」の新作、もう食べた?
はちみつ×レモン!ローソンのベーグルがもっちりおいしい!