話題の「節電要請」ってなに?「節電ポイント」って本当にお得?

話題の「節電要請」ってなに?「節電ポイント」って本当にお得?

この夏、電力が足りないと政府が国民に「節電要請」を出しました。それを受けて話題となっている「節電ポイント」に関する各社の対応や、夏の節電で実は気をつけなければいけない点について詳しく解説します。

 いま「節電要請」が起きている背景とは

この夏、政府は日本国内の電力需給に関して「極めて厳しい状況」との見解を示し、7月〜9月にかけて家庭や企業に全国規模で節電してほしいとの要請を出しました。

その背景にある一つめの要因は、「老朽火力発電所の休止・廃止」。近年、電力自由化の進展や脱炭素、コスト構造などを理由に、休止状態の火力発電が増加していることが上げられます。

二つめには、今年3月に起きた福島県沖地震による火力発電所の一部が休止したことの影響が。その地震によって、東北電力など、複数の大型火力発電所が長期停止状態となり、発電量が減少しているのです。さらに、三つめはテレワークで電力需要が急拡大している点。家庭用電力需要は、コロナ前と2020年3月~翌年2月までを比べると、世帯あたり約150kWh(約4%)増加しているのが実態です。

最後に四つめは、ロシアによるウクライナ侵攻。これによりエネルギー供給が国際的に不安定化していることが大きく影響しています。

このように、さまざまな要因が重なり合って、この夏電力需給が極めて厳しくなり、政府の私たち生活者への節電要請につながったのです。

ちょっと待って! 猛暑の夏は熱中症こそ危険!「節電」には要注意を

熱中症とは、気温や湿度が高い場所にいるうちに、体の調子が悪くなってしまうこと。ひどい時には、命に関わることもあるので、十分に注意しなくてはいけません。

人間の体の中では常に「熱」が作られていて、体温調節機能によって体温が36℃前後に保たれていますが、気温や湿度が高い場所に長くいると、体温調節機能がうまく働かず、体の中の熱を外に逃がすことができなくなってしまい、体内に熱がこもった状態=「熱中症」になります。結果、めまいや頭痛、けいれん、意識障害などが引き起こされ、場合によっては命の危険も伴います。ですから、節電よりも「熱中症にかからない」ための環境づくりのほうが大切ということは、改めて意識する必要があります。

いっぽう、熱中症を起こさず節電するためには、

・すだれやよしずなどで窓からの日差しを和らげながらエアコンを使用する

・冷蔵庫では設定を「強」から「中」に変え、扉を開ける時間を減らし、食品を詰め込みすぎない

・不要な照明を消す

などが考えられます。

関連記事:

ピックアップ

果汁100%【ダイソー】マニアが思わず大人買いした子どもにぴったりのおやつとは?
まとめ買いする人続出!水と注ぐだけ!コストコで話題の激安コーヒーポーションって?
リモコン行方不明問題を110円で即解消【ダイソー】インテリアも邪魔しない!
そうめんは意外とカロリーが高い?ダイエットには不向き?他の麺類と栄養素を比較【管理栄養士監修】