「病院へ行こう」泣きわめく私を見て夫がひと言。すがる思いで受診すると…?

「病院へ行こう」泣きわめく私を見て夫がひと言。すがる思いで受診すると…?

生理前になると毎月気分が落ち込み、生活に支障が出て困っていました。ずっと気分の問題だと思っていましたが、自分ではどうしてもコントロールできなくなり、意を決して病院で相談してみることに。すると……。


「病院へ行こう」泣きわめく私を見て夫がひと言。すがる思いで受診すると…?

生理前は気分が落ち込み、寝込むことも

3年ほど前のことです。生理前になると必ず気分が落ち込んでしまうことが続いていました。特にきっかけはないのに、涙が止まらなくて仕事や家事に手がつかず、毛布にくるまってソファの上で1日を過ごすことも。そのため、「体調が悪い訳ではないのに、気持ちのせいで今日も何もできなかった」と、さらに落ち込むという悪循環に陥ることもしばしばありました。


そんな落ち込みに悩んでいたころのある生理前、早朝に吐き気を催し、トイレに駆け込んで頭を下げた瞬間、突然涙腺が崩壊しました。子どものころ以来というほどに号泣し、わんわん声を上げて泣きわめいてしまった私。夫は、これまで見たことのない私の姿に驚き、病院に行くことをすすめてくれました。

初めて婦人科にかかることに

その日のうちに婦人科にかかることを決めた私。しかし、病院に着いてからも、口を開けば泣きそうになりうまく話せません。診察前、看護師さんに「いつからですか?」「どのような症状ですか?」とごく当たり前のことをやさしく聞かれているのに、答えるのに時間がかかってしまいました。


その後の診察で、言われた病名は「PMDD(月経前不快気分障害)」でした。先生から生理の回数を減らすためのピルを処方してもらい、心療内科でも診てもらったほうがいいからとのことで紹介状も書いてもらいました。心療内科と聞いて、まったく抵抗がないわけではありませんでしたが、早く治したいという思いが強く、すぐに心療内科の予約を取ることに。

関連記事:

ピックアップ

<娘と過ごす日々>ママに怒られパニック状態の長男くん!次の瞬間、仰天行動に出て…!?
【マクドナルド】ハッピーセットの新作おもちゃ第2弾も激カワ!満足度がアップするオーダー法2つ
同じ日に10人出産!?「中秋の名月」に満員だった陣痛室。不思議な力を感じる忘れられない出産に
「もう無理、飲んじゃえ!」娘にイライラしてしまう…極限のストレス状態でやめる決意をした私は