大人は快適でも子どもが汗びっしょりなら、その部屋は暑すぎ!「子どもの寝汗対策」の正解を教えます!

大人は快適でも子どもが汗びっしょりなら、その部屋は暑すぎ!「子どもの寝汗対策」の正解を教えます!

その上での寝汗対策

まずは子どもが汗だくにならない環境づくりが大切です。しかし、それでも寝汗はある程度でてしまうことと思います。特に頭や背中は汗をかきやすいところ。


でも、頭に汗をかくからといって、冷えピタのような貼るタイプの保冷剤を使うのは、個人的には避けたほうがいいと考えます。寝ている間に貼ったところから移動して窒息の原因になることがあるためです。


その子によって多少違うことはありますが、汗をかきやすいお子さんは下着を着るとかえって体感温度が上がることがあるので、下着は取ってしまっていいと思います。または、下着1枚で寝かせても大丈夫です。


着替えをさせることを考えると、前開きタイプが着替えさせやすいですよ。素材は汗の吸いやすさ、湿疹のなりにくさを考えると綿100%、または綿がある程度入った生地が良いです。

朝起きたらシャワーで汗を流しましょう

汗をたくさんかいた翌朝は、まずたっぷり水分を摂りましょう。あせもが出やすい子は、朝シャワーで汗を流すこのがオススメです(でも、私は朝忙しくてそんなことはできていませんでした!)。


朝シャワーは、基本的にせっけんは不要です。シャワー後は、簡単でもいいので保湿をしてあげましょう。

関連記事:

ピックアップ

「無になりすぎでしょ…!」愛娘にチューしたいお年頃のパパが踏んだ地雷とは…【体験談】
<夫が行方不明に>「見て見ぬふりを…」ついに義父が登場。沈黙を破り言い放った言葉に絶句…
買い物中、私がショッピングセンターの入り口から動けなくなった理由は…。そして息子が衝撃発言…!?
<人間関係トラブル>「聞いていた話と違う」兄の婚約者に隠し子が!婚約者の母に真相を突き止めると…