大人は快適でも子どもが汗びっしょりなら、その部屋は暑すぎ!「子どもの寝汗対策」の正解を教えます!

大人は快適でも子どもが汗びっしょりなら、その部屋は暑すぎ!「子どもの寝汗対策」の正解を教えます!

その上での寝汗対策

まずは子どもが汗だくにならない環境づくりが大切です。しかし、それでも寝汗はある程度でてしまうことと思います。特に頭や背中は汗をかきやすいところ。


でも、頭に汗をかくからといって、冷えピタのような貼るタイプの保冷剤を使うのは、個人的には避けたほうがいいと考えます。寝ている間に貼ったところから移動して窒息の原因になることがあるためです。


その子によって多少違うことはありますが、汗をかきやすいお子さんは下着を着るとかえって体感温度が上がることがあるので、下着は取ってしまっていいと思います。または、下着1枚で寝かせても大丈夫です。


着替えをさせることを考えると、前開きタイプが着替えさせやすいですよ。素材は汗の吸いやすさ、湿疹のなりにくさを考えると綿100%、または綿がある程度入った生地が良いです。

朝起きたらシャワーで汗を流しましょう

汗をたくさんかいた翌朝は、まずたっぷり水分を摂りましょう。あせもが出やすい子は、朝シャワーで汗を流すこのがオススメです(でも、私は朝忙しくてそんなことはできていませんでした!)。


朝シャワーは、基本的にせっけんは不要です。シャワー後は、簡単でもいいので保湿をしてあげましょう。

関連記事:

ピックアップ

「もう、全部辞めよう」心中を洗いざらい訴えた私に夫が言った言葉の意味にあ然
古風で日本的「レトロネーム」ブーム!花モチーフが人気!女の子の名前で人気の漢字とは?
「喜んで食べるから…」夫婦で外出している間、まだ小さい双子に義父母が食べさせたものとは!?
本当に役立った!あると便利!冬場の出産でもらってうれしかった出産祝い3選【体験談】