「7年も断り続けた」母を義両親に「会わせることができなかった」理由とは…

「7年も断り続けた」母を義両親に「会わせることができなかった」理由とは…

僕は結婚してから7年間、自分の母を義母に会わせていませんでした。なぜなら、母は「極度のアルコール依存症」だったからです。母は、僕たち夫婦が暮らす家の近くに、姉夫婦と住んでいましたが、朝からお酒を飲んでは道端で寝てしまい、警察のお世話になることも。1日のうちでまともに話せる時間がなく、「こんな状態では会わせられない」と理由をつけては誤魔化していたのですが……。


「7年も断り続けた」顔合わせ。母を義両親に「会わせることができなかった」理由とは…

顔合わせをしようと思っても…

僕が小学生のころから、母はアルコール依存症でした。そのため、僕は母を人に合わせるのが嫌で嫌でしょうがなく、友だちには会わせたくない気持ちを強く抱いていました。妻と結婚してからもその思いは変わらず、何かと理由をつけては義家族との顔合わせを先延ばしにしていたのです。


もちろん顔合わせは必要だと思っていました。母は1年のうち1カ月間ほどお酒を飲まない期間があり、そのタイミングを見計らって、母親同士の顔合わせを設定したことも。しかし、結局母は顔合わせの直前でまたお酒を飲んでしまい会話が不能な状態に。


「こんな状態では会わせることができない」と予定を変更することが何度もあり、僕は「もう一生、会わせなくていい」と、あきらめてしまっていました。

妻の親族も不満に感じるようになる

しかし、妻の親族はそんな状況をよしとはしませんでした。


痺れを切らした義両親に「結婚して何年も経っているのに、親同士が一度も会ってないのはおかしい」と言われ、下の子が産まれたタイミングで会わせることになってしまったのです。


「こんな親に会わせたら、自分も同じような人間だと思われてしまうのではないか」と思っていた僕。しかし、紹介できていないことに負い目もあったため、「もう、どうにでもなれ」と投げやりな気持ちにもなっていました。

関連記事:

ピックアップ

大手共通ポイントと交換可能な「節電ポイント」って?今すぐできる節電方法もFPが伝授
「不安的中…!」ショック!オシャレなホテルでお楽しみッ♪♪のはずが…
〈子宮外妊娠〉「痛い!」緊急手術が終了。目が覚めると、ある部分に激痛が…!
「鼻にラムネが!!」3人目の子育てで初めて経験した予想外の冷や汗体験