「生理がきそうでこない・下腹部痛」の原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

「生理がきそうでこない・下腹部痛」の原因はご存知ですか?医師が徹底解説!

生理がきそうでこない。下腹部痛もある時、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?Medical DOC監修医が考えられる病気や何科へ受診すべきか・対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

楯 直晃 医師

監修医師:
楯 直晃 医師(リアラクリニック)

2013年熊本大学病院初期臨床研修医
2015年熊本大学病院総合診療専門修練医
2018年国立熊本医療センター救急集中治療部医員
2020年リアラクリニック名古屋院院長
2021年メディカル・テート株式会社CEO

救急科専門医、抗加齢医学専門医、プライマリケア認定医、内科認定医、産業医、健康スポーツ医、医療経営士、禁煙サポーター、日本産婦人科学会会員、厚労省緊急避妊研修修了、厚労省緩和ケア研修修了

「生理がきそうでこない・下腹部痛」で考えられる病気と対処法

「生理がきそうでこない」となると、なぜだろうと考えてしまったり、とても不安になりますよね。生理がこないとき、真っ先に妊娠を考えられる方は多いと思います。実際に生理がこないことをきっかけに妊娠に気づく女性は少なくありません。しかし、生理が遅れる原因・生理がこない原因は、妊娠以外にも多く存在します。基本的には産婦人科で相談しましょう。今回は「生理がきそうでこない」原因や対処法について、説明していきます。

生理がきそうでこない・下腹部痛で考えられる原因と対処法

もともと生理は、女性ホルモンの変動によって起こります。そのため、そのときどきの体調などの状況がホルモンバランスに影響を与え、生理が遅れる原因となることがあります。その要因となるものは、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどといった普段の生活と大きく関わっているものです。
その一方で、卵巣や甲状腺に異常がある場合においても生理不順や生理がこないといった症状がみられることもあります。

生理がきそうでこない・下腹部痛もあり、妊娠が考えられる症状の原因と対処法

妊娠をすると生理がとまるとともに、下腹部痛がみられることはめずらしくありません。下腹部痛以外にも妊娠初期症状には吐き気や嘔吐、眠気、胸が張る、おりものが変化するなどがみられます。妊娠初期と生理前にみられる症状は似ているため区別は難しいものですが、見分けるポイントとして基礎体温があります。妊娠と体温は密接な関係にあり、通常生理前は高温期で、生理予定日に低温期へと移行します。
しかし、妊娠している場合は生理予定日を過ぎても高温期が続き、熱っぽさを感じることがあります。3週間以上の高温期が続く場合は、妊娠の可能性が高いといえます。また生理予定日から1~2週間経っても生理がこない場合は、市販の妊娠検査薬を使用し、妊娠を確認する方法もあります。正確な検査をするためにも、生理予定日1週間以降に検査するようにしてください。

妊娠検査薬は陰性なのに生理がきそうでこない・下腹部痛で考えられる原因と対処法

妊娠検査薬で陰性反応なのに生理がこない場合、ホルモンバランスの乱れのほかに卵巣や甲状腺などに何らかの病気があることが疑われます。その中のひとつに、卵巣機能不全が考えられます。

卵巣機能不全

症状は、生理がこない、生理不順や不正出血などです。医療機関にて診断をする際には、子宮がんや子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科系の病気がないことを確認する必要があります。
また多嚢胞性卵巣も無月経や生理不順といった生理周期に異常がみられます。

多嚢胞性卵巣

多嚢胞性卵巣は卵巣で男性ホルモンが多く作られてしまい排卵が起きにくくなることが原因で、不妊の要因にもなります。多嚢胞性卵巣は肥満がきっかけになりやすいといわれているため、太っている人は、ダイエットが症状を緩和する最善策になります。

40代で生理がきそうでこない・下腹部痛で考えられる原因と対処法

すべての女性が40歳半ばから50歳半ばまでに経験するのが更年期障害です。多くの方はこの期間に閉経するといわれており、人によっては月経周期が乱れ、間隔が短くなったり長くなったり、生理がだらだら続いたり、短期間で終わるなどの変化が起こります。そして最終的に生理周期の間隔が徐々に長くなっていき、生理がこなくなります。月経が乱れはじめた頃からあらわれるのが更年期障害で、体のほてりや動悸、血液循環が悪くなることで体のさまざまなところが痛むといった症状がみられることもあります。これらの症状は、女性ホルモンの急激な減少による変化によるものです。更年期障害の症状は多岐にわたるため、ご自身に合った更年期障害の治療法を選択しましょう。

すぐに病院へ行くべき「生理がきそうでこない・下腹部痛」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

生理がきそうでこない・下腹部痛の他に動悸、体重減少、指の震えなどの症状も認める場合は、内分泌科へ

生理がこなくなる原因のひとつとして、バセドウ病などの甲状腺の病気が関与していることがあります。実際に甲状腺機能障害による月経障害の発生率は12%、続発性無月経患者の58%に甲状腺機能異常を認めたという報告があります。バセドウ病に関しては20~30代女性に多い病気です。症状は、動悸、体重減少、指の震えなどで、女性の場合は生理がとまることもあります。甲状腺疾患の場合は、内分泌科が専門診療科です。

関連記事:

ピックアップ

「髄膜炎」になると現れる症状はご存知ですか?医師が監修!
「目がチカチカする」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
難病治療体験談 薬の副作用を耐えられたワケは「子どものため」という想い
「爪が割れる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!