「股関節の左だけ痛い」原因をご存知ですか?医師が男女別の病気についても解説!

「股関節の左だけ痛い」原因をご存知ですか?医師が男女別の病気についても解説!

股関節の左だけ痛い時、身体はどんなサインを発しているのでしょうか?MedicalDoc監修医が考えられる病気や何科へ受診すべきか・対処法などを解説します。気になる症状は迷わず病院を受診してください。

柏木 悠吾 医師

監修医師:
柏木 悠吾 医師

宮崎大学医学部卒業。宮崎県立宮崎病院、宮崎大学附属病院で研修。地元地域に貢献すべく、2022年より橘病院(宮崎県)に勤務。日本医師会認定スポーツドクター。日本整形外科学会、日本骨折治療学会、日本人工関節学会会員。他に日本医師会認定産業医などの資格を有する。

「股関節の左だけ痛い」症状で考えられる病気と対処法

日常生活やスポーツの中で、急に股関節(あしの付け根)が痛くなった経験はないでしょうか。そのまま放っておくと、後遺症を残す病気もありますので注意が必要です。症状の特徴や原因について解説します。

股関節の左だけ痛い症状で考えられる原因と治し方

股関節の左だけ、または右だけが痛いときは、股関節の中やその周りで炎症が起きている場合や、骨に何かしらの異常が出ているサインの可能性があります。

炎症

炎症とは、股関節が風邪をひいているような状態であり、原因疾患によって放置しておいても良くなる場合と、良くならない場合があるので注意が必要です。
基本的には、股関節に負担がかからないように安静にしていることが重要です。炎症以外には、股関節周辺の骨が壊死していたり、骨折している可能性があります。こちらもまずは安静第一です。
どちらの場合でも、早めに整形外科を受診することがおすすめです。その際は、股関節の痛みが出現した日や、そのときに何をしていたかなど、症状の経過がわかるようにメモなどがあると医師の診断に役立ちます。

急に股関節の左だけ痛い症状で考えられる原因と治し方

急に股関節の痛みが出たときは、骨折、脱臼や変形性股関節症などが考えられます。
強くぶつけたなど、明らかな原因がなくとも大腿骨の骨折を起こす場合があります。骨折がある場合は、自分で歩くことができない方がほとんどですので、すぐに整形外科を受診してください。
股関節手術後の方で、寝返りをうったあとなどから痛いときは、股関節脱臼の可能性もあります。脱臼は骨折と同じで、そのまま放っておくと後遺症を残しやすいため、急いで整形外科を受診してください。
変形性股関節症は、股関節の軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかって強い痛みが出る病気です。
骨折であっても、変形性股関節症であっても手術が必要な場合がありますので、専門的な診察を早めに受けることをおすすめします。

男性で股関節の左だけ痛い症状で考えられる原因と治し方

男性で片方の股関節だけが痛くなったときは、大腿骨頭壊死や関節唇損傷などが考えられます。

大腿骨頭壊死

大腿骨頭壊死は、大腿骨という太ももの骨が壊死する病気です。原因ははっきりしておらず、難病に指定されています。歩くときの股関節の痛みや睡眠中に痛みが出るなどさまざまな症状が起こることがあります。
年齢に関係なく誰にでも起きる病気ですので、股関節の痛みが続く場合は整形外科で診察を受けることをおすすめします。受診まではできる限り安静にすることが重要な治療になります。

関節唇損傷(かんせつしんそんしょう)

関節唇損傷は、大腿骨の頭を覆っている屋根のような組織である関節唇が、骨とぶつかることで傷ついている状態を言います。中高年男性で、股関節を深く曲げたときに痛みが出るような場合はこの病気の可能性があります。
痛みが出る動きを避けていただき、整形外科を受診してください。診察やMRI検査で診断できますので、早めの受診をおすすめします。

女性で股関節の左だけ痛い症状で考えられる原因と治し方

女性で股関節の片方が痛いとき、変形性股関節症という病気が考えられます。

変形性股関節症

軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかることで痛みが出る病気です。
多くの場合、立ち上がりの痛みが強いのですが、歩きだしてからは痛みを強く感じません。椅子やベッドからの動き出しがつらい場合には、この病気の可能性が高いでしょう。
痛みがひどいときには安静にすることが重要ですが、変形性股関節症の場合は運動療法も効果的です。運動やストレッチで股関節の筋肉を鍛えたり、柔らかくしたりすることで骨への負担を減らすことも重要と言われています。
安静がいいのか、運動が良いのか、これは専門的な判断になりますので、整形外科を受診して、医師と一緒に治療方針を考えることが重要になります。

中学生・高校生で股関節の左だけ痛い症状で考えられる原因と治し方

小学生や中高生など思春期の子供で股関節の痛みがある場合、大腿骨頭すべり症の可能性があります。男の子に起きやすいと言われていますが、女の子でも起きることがあります。

大腿骨頭すべり症

大腿骨頭すべり症は、太ももの骨と、骨盤の骨の位置関係がおかしくなり、骨同士や、周りの組織がぶつかり、痛みが出る病気です。体格のいい子供に起こりやすく、スポーツが原因で起こる場合もあります。
骨同士の位置関係をもとに戻す治療が必要で、治療が行われないと後遺症を残すこともありますので、早めに整形外科を受診してください。

すぐに病院へ行くべき「股関節の左だけ痛い」に関する症状

ここまでは症状が起きたときの原因と対処法を紹介しました。
応急処置をして症状が落ち着いても放置してはいけない症状がいくつかあります。
以下のような症状がみられる際にはすぐに病院に受診しましょう。

股関節の左だけ動けないような痛みの場合は、整形外科へ

股関節の痛みのために自力で動くことができないときは、すぐに整形外科を受診してください。股関節の骨の骨折や、脱臼など後遺症が残りやすい病気が隠れている可能性があります。

関連記事:

ピックアップ

「髄膜炎」になると現れる症状はご存知ですか?医師が監修!
「目がチカチカする」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
難病治療体験談 薬の副作用を耐えられたワケは「子どものため」という想い
「爪が割れる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!