1位は…? ローソン×Milkコラボ全7品を勝手にランキング!

1位は…? ローソン×Milkコラボ全7品を勝手にランキング!

第7位■「MILKデニッシュ」(税込149円)

7位に選んだのは、バターの風味が広がるデニッシュ生地に北海道産生クリーム入りのホイップクリームをサンドしたという「Milk監修 MILKデニッシュ」です。ふんわり&しっとりとした生地とコクのあるホイップクリームの相性はバッチリですが、ホイップクリームの量が……。

≫詳細はこちらから!

第6位■「MILKカスタードの四角いブリオッシュ」(税込149円)

6位は、「MILKカスタードの四角いブリオッシュ」です。しっとりとしたブリオッシュ生地に、北海道産生クリーム使用のミルクカスタードクリームをサンドしたもので、ブリオッシュも、クリームもそれぞれおいしい! ただこちらもクリームの量がやや少なく、「Milk」コラボである意味(価値?)を考えると、この順位になってしまいました。

≫詳細はこちらから!

第5位■「MILKマリトッツォ 生クリームチーズ」(税込268円)

続く5位は、2種類の小麦粉をブレンドして口どけよく仕上げたブリオッシュ生地と、北海道産生クリームとマスカルポーネ、練乳を使用したクリームと北海道産牛乳とマスカルポーネ入りのチーズソースをサンドした「MILKマリトッツォ 生クリームチーズ」。少し噛んだだけでなめらかに消えていくブリオッシュ生地、そしてコク深く、一方ですっきりもしているクリームの組み合わせは◎!

≫詳細はこちらから!

第4位■「おやつコッペ とろけるMILK」(税込257円)

人気シリーズ「おやつコッペ」で生クリームを味わうことのできる「おやつコッペ とろけるMILK」は、4位にランクイン。口どけがよく、あっさりとした生クリームは、夏に食べても重くないのがうれしいポイントです。また、底の方に隠れた練乳クリームもナイスすぎる!

≫詳細はこちらから!

第3位■「MILKどらもっち 生クリームチーズ」(税込203円)

ここからは、いよいよTOP3の発表。第3位に選んだのは、「MILKどらもっち 生クリームチーズ」です。薄皮生地のもちもち食感が魅力的な同商品。チーズのおかげでコクがあり、濃厚な味わいになっているのですが、全然しつこくないからペロリといけちゃいますよ。203円というお手頃価格も高印象です。

≫詳細はこちらから!

第2位■「MILKたっぷり!ふわふわクリームサンド」(税込279円)

2位に選んだ「MILKたっぷり!ふわふわクリームサンド」は、北海道産生クリームを配合した軽い口どけの生クリームをたっぷりとサンドしたもの。片方には練乳、もう片方にはカスタードを塗ってアクセントにしています。ほかのコラボ商品に比べ地味というか、シンプルなつくりですが、その分ダイレクトに生クリームのおいしさを堪能できるのが魅力です!

≫詳細はこちらから!

第1位■「生クリームチーズケーキ」(税込300円)

全7品のうち、見事1位に輝いたのは、「生クリームチーズケーキ」というスイーツです。正直、ダントツでした。ベイクドチーズ生地、マスカルポーネホイップ、北海道産生クリームと練乳を配合したホイップクリームが3層に重なっているので、食べる層によって食感や味は微妙に異なるのですが、結局全部がふわっと軽くて、秒で消えます。濃厚でありながらも、レアチーズのようなフレッシュな後味もあり、無限に食べられそうで怖い……。

≫詳細はこちらから!

わかりやすくするためにランキング形式にしましたが、ハッキリ言って全部おいしいです。“クリームを味わう”という点で、ベーカリー系の2品が下位になってしまった感じですね。もちろん人それぞれ好みは異なるし、みなさんのランキングとまったく同じということはないでしょうが、まだ食べていないものがあればぜひ参考してみてください。
(文・撮影:明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ