ローソンのミニバーガーが“ちょっと食べ”にピッタリすぎる!

ローソンのミニバーガーが“ちょっと食べ”にピッタリすぎる!

第1534回 ローソンのこれ注目!ママテナピックアップ
ローソンの新商品といえば、全国展開のものだけでなく、地域限定のものも人気ですが、小腹が空いた時やもう少しだけ何か食べたい時にピッタリの商品を発見しました。小さいサイズのハンバーガーが2つ新登場!

2種のミニバーガー

2022年7月26日(火)、ローソンは、「ミニヒレカツバーガー」(税込189円)と「ミニメンチカツバーガー」(税込162円)の2つを発売しました。

ローソンのミニバーガーが“ちょっと食べ”にピッタリすぎる!

ローソンいわく、このシリーズ(?)は“ミニサイズで小腹満たしに最適なバーガー”とのこと。肉の旨みが特長のヒレカツをサンドした「ミニヒレカツバーガー」、やわらかい食感が特長の「ミニメンチカツバーガー」のどちらも、栃木県日光市で製造したとんかつソースを使用しているのだとか。

小さくても食べごたえあり!

ローソンのミニバーガーが“ちょっと食べ”にピッタリすぎる!

ローソンのミニバーガーが“ちょっと食べ”にピッタリすぎる!

上の写真を見てもわかるとおり、サイズはかなり小ぶりですが、実際に食べてみると見た目以上に食べごたえがあります。小さいとはいえ、肉厚のヒレカツとメンチカツがサンドされていますからね。

「ミニヒレカツバーガー」も「ミニメンチカツバーガー」も肉がやわらかで、ガツンときいたとんかつソースがナイス! 味は濃いめですが、酸味が強めのソースなので、「こってり」と「すっきり」が共存していますよ。

また、これら2つを食べて感動したのは、温めなくてもおいしいということ。冷たい(温かくない)肉って、かたくなってしまうイメージがありますが、そのままでもやわらかくておいしいのはうれしいポイントではないでしょうか。

ただし前述のとおり、「ミニヒレカツバーガー」と「ミニメンチカツバーガー」は、地域限定の新商品です……。購入できる人は限られてしまうのですが、関東甲信越エリアのローソンで販売されているので、もし見つけたら手に取ってみて。
(文・撮影:明日陽樹/TOMOLO)

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。
TOMOLO
明日陽樹
TOMOLO
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。
大学卒業後、アルバイトからライターに転身。約4年間編集プロダクションに所属したのち「TOMOLO」を立ち上げ、主にウェブメディアの運営や編集・執筆を行う。『ママテナ』のほか、『ダ・ヴィンチニュース』や『スーモジャーナル』、『FNNプライムオンライン』など幅広く寄稿し、フリーマガジン『BizHintマガジン』の編集・執筆も担当中。

ピックアップ

【朗報】ローソンの鬼うまスイーツが帰ってきたぞ!!
「よすぎた」「通年にして」ローソンの秋スイーツは栗と芋の欲張りセット!!
さっぱりとぅるん!マンゴー好きに食べてほしいローソンスイーツとは?
さすが定番!金のパッケージが目印のローソン激うまパンとは?