熱中症予防に必要なのはたった2つ!すぐに救急車を呼ぶべきポイントは

熱中症予防に必要なのはたった2つ!すぐに救急車を呼ぶべきポイントは

暑い日が続き、気温の上昇とともに心配なのが熱中症。毎年この季節になると関連のニュースが取り上げられ、他人ごとではないと感じますよね。熱中症にならないためにどうすればよいのか、また、万が一なってしまった場合はどのような対応をすればよいのかを、過去のデータや役立つ情報とともに紹介します。どの世代でも発症しうる熱中症の対策を、しっかりとしておきましょう。

あなどってはいけない熱中症

暑い日が続くと、熱中症に関するニュースをよく見かけるようになります。小さいお子さんがいるご家庭は、特に気になるのではないでしょうか。

外遊びはしたいけれど、熱中症が心配…という方もいらっしゃると思います。今回は熱中症について、どういった症状になってしまうのかとともに予防策や役立つ情報をご紹介。しっかりと対策していきましょう。

厚労省が発表!平成30年度に熱中症で入院した患者数


平成30年7月1日から9月30日までの間に医療機関から報告された、熱中症による入院患者数の集計結果が発表されています。

結果を見ると、昨年の梅雨明けである7月半ばころから下旬にかけて、入院患者数が多いことがわかります。地域によってはすでにかなりの暑さになってい所もあり、注意が必要。特に10代の子どもや高齢者は患者数が多い傾向となっており、今年も要注意です。

筆者が個人的に驚いたのが、熱中症の発生場所の割合が屋内で50%を占めているということ。圧倒的に屋外が多いと思いきや、そうでもないのですね。また、運動をしていなくても熱中症になった人が半分以上というのも驚き。直射日光を浴びず、運動をしていないからといって油断は禁物ですね。

気象庁から発信している「高温注意情報」、知っていますか?

気象庁の「高温注意情報」というものをご存じですか?

気象庁では、都道府県別に熱中症への注意を呼び掛ける情報を発信しています。毎年4月の第四水曜日から10月の第四水曜日が対象で、翌日もしくは当日の最高気温が概ね35℃以上になると予想される場合に「高温注意情報」を発表。熱中症に対する注意を呼びかけます。

こういった情報をしっかり活用して、熱中症にかからないように予防していきたいですね。

厚労省がすすめる熱中症の予防方法

では、熱中症にならないように予防するにはどうすればよいのでしょうか。

厚生労働省が推奨している、熱中症の予防方法を二つ紹介したいと思います。熱中症にならないよう、できうる対策をして本格的な夏にそなえましょう。

①水分補給

まずはとにかく水分を補給することが大切。ポイントは、のどの渇きを感じていなくてもしっかりと水分を取ること。

外出時はもちろん室内でも、こまめに水分や塩分を接種しつつ、経口補水液なども補給するようにしましょう。

②暑さを避ける

気温が特に高くなる日中は、できるだけ風通しのよい日陰など、涼しい場所で過ごしましょう。暑い場合は我慢せず、快適な温度で過ごせるように扇風機やエアコンも利用しながら、快適に過ごせるようにしてください。

外出する際も、時間帯を変えたり長時間外に滞在したりしないなど、工夫しましょう。

関連記事:

ピックアップ

「この世に完璧な人なんていない」先生の言葉に救われた。長男の難聴に気づけなかった話#5
姑にズケズケ言われる嫁、一瞬の表情に出た「悲しみ」を見逃せなかった話
ハロウィーンぽさ満点!血のりなし・普段の化粧品でできちゃうメーク3選
火を使わないスープも!トマトの絶品副菜レシピ3選