沖縄初のリアルNFTギャラリー「GALLERY HENZA」が北谷町にオープン

ブランディングやデジタルマーケティングを専門とする「HENZA」は、沖縄初のリアルNFTギャラリー「GALLERY HENZA」を沖縄県北谷町に開設、8月23日(火)に予約制でリアル、デジタルの場を活用してNFTを展示、一部の作品を販売するプラットフォームとして、オープンする。

世界的に爆発的な成長を遂げているNFT

世界的なコロナ禍を受けて急速なデジタルシフトが進む中、Web3.0と呼ばれる次世代の分散型インターネットでの自由な経済活動を支援する手段であるNFTは世界的に爆発的な成長を遂げている。しかし、そのNFTを始めとするWeb3.0での取り組みは、まだまだ日本そして沖縄では一部のITリテラシーがある人々での取り組みに限定されている。

またこれまで沖縄県は島嶼地域特有の社会的課題である物流コストに悩まされてきた。しかし、このNFTを始めとするWeb3.0のデジタル世界においては島嶼地域特有の課題が逆に強みとなる可能性が指摘されている。

それは琉球王国から蓄積された特有な芸能文化や世界に誇れる希少な自然、また多くのユニークなクリエイターやアーティストの存在だ。その強みや生かす為にはよりスポットライトが当たる舞台を用意することが重要であると考えているそうだ。

多くの人々が五感でNFTを体験できる環境を構築

「HENZA」では「ブランディングとデジタルマーケティングを通して豊かな社会の創造に貢献する」という理念に従い、沖縄県で「GALLERY HENZA」の開設をする事で、同社が独自に所有するNFTの展示に加えて、NFTクリエイターやアーティスト、オーナーの人々が自身のNFTを展示販売できる様にギャラリースペースをレンタルできるサービスを展開する。必要機材の提供から運営まで支援する事で、より多くの人々が五感でNFTを体験できる環境を構築するという。

関連記事:

ピックアップ

合計金額の競い合いや、お金の計算も学べる!Doteneの「お金グミ」に注目
モアサナイト専門ショールーム「Brillar」1周年イベントの開催が決定
「Dr.MAAYA」ニューヨークコレクションデビュー!ラフォーレ原宿で先行展示発表へ
霧島レイと鹿児島県・霧島を巡ろう!『霧島巡レイ!ぎゅぎゅっとARスタンプラリー』