高級食パン店「なるへそタンマ」から新レーベル「Tanma's Burger」が誕生!

8月中旬に高級食パン店「なるへそタンマ」は、高級食パンを使ったサンドウィッチ屋の「tanma co tanma」に続く、新レーベル「Tanma’s Burger」をOPEN予定。

福岡県春日市にある現在の「Blue Roof 春日公園店」をリニューアルして「Blue Roof+Tanma’s Burger」とし、コラボ店としての出店が予定されている。

こだわりの食パンと同一のパン生地でバンズを製造

「Blue Roof+Tanma’s Burger」では、高級食パン店ならではのハンバーガーということで、“高級食パンを使ったハンバーガー!?”が提供される。

バンズはすべて同社で手作りされており、こだわりの食パンと同一のパン生地の焼き上がり時間を調整することで、高級食パンと同じ材料・味・食感のバンズを製造している。

バンズは少しオーブンで焼かれ、表面はカリっと中はふわっとしている。食パン同様にパンの甘みを感じられるような味付けだ。なお、写真は試作品となる。

リーズナブルな価格設定

こんな時期だからこそあえてリーズナブルな形で提供したいとの同社の思いから、リーズナブルな価格設定を実現。

通常ハンバーガー専門店の金額相場はセット1300円~ほど、ドリンクやポテトを加えると2000円近い金額のイメージだが、同店での販売価格は単品で450~600円程度。スムージーとセットでの購入で1000円を下回るものもある。

関連記事:

ピックアップ

ニッスイから「境港サーモンソーセージ」登場!『クレヨンしんちゃん』とのコラボ商品も
「ミニマリストの片付け」にて、処分が大変だった家具家電ランキング発表!
東京都・群馬県在住者対象!栃木県那須をお得に楽しむ「優待割」に注目
山本海苔店から、北海道産鮭を使用した「具付き海苔 鮭味」が北海道限定で発売中