【サステイナブルSTORY】KURKKU FIELDSのCHARCUTERIEの岡田修シェフが語る。害獣のジビエをおいしく食べて、捨てるを減らす

【サステイナブルSTORY】KURKKU FIELDSのCHARCUTERIEの岡田修シェフが語る。害獣のジビエをおいしく食べて、捨てるを減らす

千葉県木更津市の広大な農場で環境に優しい食とアート体験ができるKURKKU FIELDS。ここCHARCUTERIE では、害獣として処理されがちなジビエを、自家製のハムやソーセージにして提供 。腕をふるうのは元フレンチレストンのシェフ・岡田修さん。 肉は狩猟後30分以内に必ず処理するなど製法にこだわり、臭みがなくジューシーな肉製品には地元ファンも多数。貴重な食材を有効活用するチャレンジを伺った。

土に還るレザー製品で、地球にも動物にもやさしく

チバレザーの革のバングル各5000円

野生動物の肉を 大事にいただくなら、皮はどうなってしまう?「動物の皮から革製品を作るには“なめす”という作業が必要です。これにはクロムなど有害な重金属が使われるのが一般的です。そこで、土壌を汚染するクロムを使わない“なめし剤”を開発したのがチバレザー辻 榮さん。土に還り環境への負荷が少ないなめし剤を使った革製品は、動物を皮までムダにしません」。岡田 さんは辻さんの活動に賛同し、CHARCUTERIE でもチバレザーのアイテムを取り扱っているそう。手作りのレザーアイテムで、いのちを肉だけでなく、皮までまるごと有効活用することを体感したい。


この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

関連記事:

提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

緑豊かなリバーサイドでBBQや露天風呂を満喫。SPRINGS VILLAGE 足柄・丹沢温泉リゾート&グランピング【神奈川県・足柄上郡】
ほっと落ち着ける日比谷エリアのランチ3選|ピザトーストが生まれた老舗喫茶店ほか
銀座・丸の内で香りと美容体験7選|お香専門店で聞香や乳酸菌入りソープの泡体験も
銀座・丸の内のテラス席で楽しむブランチ4選|星付きシェフが手がけるルーフトップレストランやパンの名店も