起きるのが「超」苦手だった私が早寝早起きになれたポイント3つ

起きるのが「超」苦手だった私が早寝早起きになれたポイント3つ

早起きを楽しむ朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただく連載です♪

おはようございます。朝活コミュニティ「朝渋」メンバーさやかです。

私が「朝渋」に入ったのは、朝、起きるのが大の苦手だからでした。

めざまし時計だけだと二度寝してしまい、毎朝、ギリギリに起きてバタバタと準備する毎日に大きなストレスを感じていました。

このコラムでは、早起きが超苦手の私が早寝早起き生活にシフトし、有意義な朝時間を過ごせるようになった3つのポイントをお伝えします。

【1】早起きする「理由」を明確にする

デスクの上

まず、私はなかなか時間を確保できていなかった英語の勉強を朝の時間にしよう、と決めました。

以前は、帰宅後に英語の勉強をする気にはなれず、通勤時間や昼休みしか時間がとれていませんでした。

そこで、「英語を使っていろんな国の人たちとコミュニケーションがとれる」という目的に向かって「週10時間英語の勉強をする」という目標を立て、朝に勉強時間を確保することに決めました。

【2】「早寝の人」として周りに知られる

お茶しているふたり

早起きする上で重要なポイントは、まず「早く寝ること」だと思います。

睡眠時間が短いと朝起きるのが辛いし、日中眠くなってしまうのは本末転倒だからです。

私の場合は、プライベートで夜にZOOMをすることが多く、夜遅くまで目が冴えてしまうことが頻繁にありました。

そこで、まず「私は早寝早起きにコミットしていて、夜22時には寝て朝5時に起きます!」といろんな人に宣言していきました。

すると、「早寝早起きの人」としてどんどん知られていき、「もう寝る時間やんな?」と、もはや周りの人たちがサポートしてくれるようになり、早寝がしやすくなりました。

関連記事:

ピックアップ

何度も食べたくなる!簡単「卵焼き」アレンジレシピ3つ
食べ始めたら止まらない!パンの耳で簡単「塩キャラメルラスク」
両手or片手…どっちが正解!?「カップの持ち方」マナー
「明日は雨かも」を4単語の英語で言うと?