防水シーツは夏は危険!?助産師が忠告!夏の乳幼児の睡眠やりがちNGとは?

防水シーツは夏は危険!?助産師が忠告!夏の乳幼児の睡眠やりがちNGとは?

助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、乳幼児の夏の就寝について教えてくれました。寝苦しい夏の夜は、エアコンをつけっぱなしで寝ると赤ちゃんには寒すぎ?どんな服装で寝るのが良い?などのママの疑問に答えてくれていますよ! ぜひ参考にしてくださいね。


夏の暑い日は、エアコンを一晩中使うお家も多いかと思います。しかし、赤ちゃんには寒すぎない?大丈夫なの?と悩むママやパパも多いことでしょう。

今回は、夏でも寝やすくなるような乳幼児に合わせた空調の調整や寝具、服装などについてお話ししていきます。

赤ちゃんの夏の寝る時の服装は?

寝る時は汗をかきやすいので、肌着は必ず着るようにしましょう。脇の汗を吸い取るために袖付きで、汗の吸収が良い綿や汗をかいても乾きやすい速乾性のドライメッシュ素材がおすすめです。


乳児の場合は、紙おむつをつけているだけでも蒸れて暑くなるので、肌着一枚でも良いかと思います。そのほかにも幼児の場合は、お腹が出ないように肌着をズボンの中に入れるようにしたり、夏用のガーゼ腹巻きや腹巻き付きのパジャマズボンなどがおすすめです。

エアコンはどう使う?

夏の暑い時期は、エアコンを一晩中つけっぱなしで使っているご家庭も多いかと思います。タイマーなどで夜間冷房が切れるようにしてしまうと、暑くて起きてしまうことがあるので、一晩中つけっぱなしにすること自体は問題ありませんが、室温に注意しながら、低くなりすぎないように注意しましょう。


室温は26〜28℃が適切と言われています。室温だけに注目するのではなく、湿度が高いと暑く感じやすいので、湿度も調整してみましょう。湿度は50%が適切です。

また、扇風機を使用する場合は扇風機の風が乳児に直接あたると、体が冷えすぎてしまうことがあります。直接風が当たらないように、風向きを調整しましょう。エアコンの風も同様です。


また、冷気は下に溜まりやすいので床や畳にお布団をひいている場合は、冷えすぎてしまう場合もあります。温度計をおく場合は、赤ちゃんの寝ている場所の近くに置くようにして確認することも大切です。

サーキュレーターで室内の空気を循環させるのも良いでしょう。

関連記事:

ピックアップ

義父母宅で出されたケーキを食べようとすると、義母が耳を疑う言葉を…。義母の本心を察した私は…
「良い言葉だけ覚えるなんてムリです」子どもの乱暴な言葉遣いを直したいなら知ってほしいこと
<しっぽがついている息子>「赤ちゃん生きてるんだよ?」わが子の病気を話すと、産むことを反対され
「ありえない…」気分わるぅ!私が遭遇した生理中の非常識(!?)行動