アラサー女子は”大人に似合う”にシフトして♡オトナの「お似合い今っぽアイメイク」のやり方

30代を迎え、20代の頃とはメイクのお悩みが変わってきたという方も多いのでは?今回は、大人っぽさとトレンド感を両立した、アラサー女性が今取り入れるべき似合わせアイメイクをご紹介します。

使用アイテム

今回ご紹介するメイクで使用したアイテムです。

CLIO プロアイパレット ミニ 101 Tanned Brown

ハイライトカラー・メインカラー・締め色・ラメとバランスよく入った6色パレットで、組み合わせ次第で華やかにもシックにも仕上げることができるため、大人の女性にも使いやすいアイテムです。

少し硬めの粉質で色が程よくふんわり付くため、グラデーションが苦手な方でも扱いやすいアイシャドウです。

BOBBI BROWN ハイライティングパウダー ピンクグロウ

濡れたようなツヤ感が特徴のパウダーハイライトです。

ハイライトと聞くと難しそうな印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、メイクのベースや仕上げにサッと入れるだけで簡単にツヤ感をプラスすることができるため、大人の女性にこそ取り入れて欲しいアイテムです。

エテュセ アイエディション(マスカラベース)

クリアブラックに繊維が入ったマスカラベースで、マスカラとしても使用できます。

コームタイプのマスカラブラシでひと塗りするだけで、セパレートした繊細なまつげに仕上がるため、今っぽい抜け感を出すのにぴったりです。

STEP①目元に明るさを仕込む

それではメイクの手順を解説していきます。

まずは、アイシャドウを塗る前にくすみやすい目元周りにハイライトを仕込み、生き生きとしたツヤ感をプラスします。

基本的なハイライトの入れ方は、頬骨や目の周りの骨が出っぱっている部分に、骨格に沿わせるようにサッと入れます。

次に、アイシャドウの左上と左中央をミックスして取り、アイホールより少し広い範囲にふんわり入れます。

これでアイメイクの下準備は完了です。

関連記事:

ピックアップ

お団子を炊くの…?!相葉君も絶賛♡TVで紹介されたみたらし団子の食べ方が斬新だった!
ユニクロトップスがレベル高すぎだって!ラクチンでおしゃれが叶う♡秋のTシャツコレクション
可愛い上に便利だなんて…【ダイソー】で一目惚れ♡デスクが片付くケース入り文具
老け見えの原因は眉にアリ!オトナ女子が気を付けるべき「30歳からの眉メイクのコツ」