「低血糖症」になると現れる症状はご存知ですか?医師が監修!

「低血糖症」になると現れる症状はご存知ですか?医師が監修!

低血糖症とは、体の異常や外的要因により血糖値が必要量以下になっている状態で、代謝が不十分になることにより、様々な異常が発生します。代謝とは、ヒトの細胞内で糖分(グルコース)を利用して生命活動に必要なエネルギーを作り出す活動ですので、低血糖症になると生命活動に必要なエネルギーが不足します。

低血糖症について、症状、検査・診断、治療法を解説します。

低血糖症とは

低血糖症とは、どんな病気ですか?

人の体は、血糖値が70g/dL以下になると血糖値を上げるように働き、50mg/dL未満になると脳などの中枢神経がエネルギー(糖)不足状態になり ます。一般に血糖値が70mg/dL未満の状態が低血糖症ですが、血糖値が70mg/dL以上あっても低血糖症状があれば低血糖症であると言えます。

特に脳は代謝の材料に糖分しか使えないため、低血糖の影響を最も受けやすく、血糖値が50mg/dL未満になると、意識障害やけいれん、冷や汗、動悸、手足の震えなどの症状が発生します。

低血糖は極度の栄養不足で発生する場合もありますが、発生頻度が最も高いのは、糖尿病患者が血糖降下剤やインスリンによって低血糖を起こす場合です。低血糖は放置したままでは重大な後遺症が発生する危険な状態ですが、糖分の投与により早期に回復 しますので、低血糖症に対する正しい知識と処置方法を理解しましょう。

また、血糖値が70mg/dL以下ではなくても治療などにより血糖値が急激に大きく低下したり、血糖値が70mg/dLより低くなっても低血糖症状が出なかったり、ということもあるため注意が必要です。

低血糖は、症状が起きた時にきちんと対処することで回復しますので、低血糖を恐れて自分の判断で薬の量を調整したり中止したりせず、必ず主治医に相談してください。

低血糖症の症状

低血糖症の症状

低血糖症の症状はどのようなものですか?

血糖値が70mg/dL以下になると体は血糖値を上げようとして交感神経が活発になり、アドレナリンをはじめとするホルモンが大量に分泌されることで、吐き気、気分不快、不機嫌、発汗動悸、ふるえなどの症状が現れます。

さらに血糖値が50mg/dL程度まで下がると中枢神経症状が現れ、視覚異常、意識障害、けいれんなどが起こることもあり、重症例では死に至る場合もあります。ただし、普段から低血糖がよく起こる方や低血糖症状の自覚が少ない方では、汗をかくなどの交感神経症状が現れず、無自覚性低血糖になる場合 があります。

無自覚性低血糖とは、無自覚な状態で血糖値が60mg/dL程度まで低下している場合や、血糖値が50mg/dLより低くなり突然中枢神経症状が出る場合などを言い、昏睡など意識の無い重症低血糖症という危険な状態になってしまうことがあります。

これは非常に深刻な状態で死に至る場合があり、出来る限り速やかな対応が必要です。

関連記事:

ピックアップ

「急性腸炎」は「腹痛・下痢」といった症状が現れるの?医師が監修!
「しゃっくり」を発症する原因はご存知ですか?医師が監修!
「アレルギー性鼻炎」のレーザー治療はどんな人におすすめなのかを耳鼻咽喉科医が解説
【闘病】セカンドオピニオンで発覚した子宮頸がん。止まらなかった不正出血