托卵女子とは?子どもが自分の子ではないと判明したときの対処法

托卵女子とは?子どもが自分の子ではないと判明したときの対処法

まとめ

今まで育ててきた子どもが自分の子ではなかったとしても、子ども自身に罪はありません。そのため、民法の規定や裁判例の多くは子どもの利益の保護を第一に考えた立場をとっています。

とはいえ、妻に騙されて他人の子を育てさせられてきた夫の立場としては、納得できるものではないでしょう。

妻の托卵が発覚した場合には、ご自身が今後どうしたいのかをよく考えて決断した上で、その方向で妻との交渉や法的手段をとることが重要となります。

親子関係を否定して養育費の支払いを拒否したい場合は、難しい法律問題に直面することが多いので、弁護士にも相談した上でじっくりと検討することをおすすめします。

弁護士の力を借りて、納得のいく解決を図りましょう。

監修者:萩原 達也弁護士

ベリーベスト法律事務所、代表弁護士の萩原 達也です。
国内最大級の拠点数を誇り、クオリティーの高いリーガルサービスを、日本全国津々浦々にて提供することをモットーにしています。
また、所属する中国、アメリカをはじめとする海外の弁護士資格保有者や、世界各国の有力な専門家とのネットワークを生かしてボーダレスに問題解決を行うことができることも当事務所の大きな特徴です。

関連記事:

配信元

LEGAL MALL
LEGAL MALL
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中
ベリーベスト法律事務所が運営する法律情報メディア、LEGAL MALL(リーガルモール)は、離婚・男女問題トラブル、借金の悩み、養育費問題、遺産相続、専業主婦が抱える悩みや、人生や日常で起こる様々な揉め事や、トラブルを、弁護士が法律から解決に導く方法としてコンテンツを配信中

ピックアップ

離婚が子供に与える8つの影響と将来の不安を最小化する方法
離婚の切り出し方|切り出すタイミングと知るべき6つのこと
離婚の話し合いマニュアル|後悔のない話し合いとするために
離婚の種類は?4つの離婚の種類と具体的な手続きの流れを解説