原因不明の心や体の不調、もしかしたら首の筋肉が神経を圧迫している「首こり病」かも?

原因不明の心や体の不調、もしかしたら首の筋肉が神経を圧迫している「首こり病」かも?

一般的な診察・診断は、症状の出ている箇所に対しておこなわれることが多いようです。しかし、症状の原因が患部から離れた場所にあるとしたら、この進め方では解決しません。そこで注目されてきたのが、首に着目した治療方法です。詳しい話を、「世田谷総合鍼灸整骨院」の島崎先生に伺ってみました。

重要な神経が首の筋肉の中を通っている

横からの首のレントゲン写真

編集部

最近、「首の凝りが全身疾患を引き起こす」という話を聞くようになりました。

島崎先生

はい。東京脳神経センター理事長・脳神経外科医の松井孝嘉先生によって提唱された「頚性神経筋症候群」(けいせいしんけいきんしょうこうぐん)のことでしょう。別名「首こり病」ともいわれています。

編集部

首だけではなく、全身に影響しているところが不思議です。

島崎先生

じつは、脳から全身へ伸びている神経の一部が、首の筋肉の中を通っているのです。この神経が首の凝りなどによって圧迫されると、全身疾患はおろか、うつ病などの心の病も発症させうることがわかってきました。

編集部

そうした重要な神経は、背骨の中に収まっているのではないのですか?

島崎先生

背骨の首の部分を「頸椎」(けいつい)といいます。おっしゃるように、ほとんどの重要な神経は頸椎の中を通って全身に伸びています。しかし、「どうやら、そうではない神経もありそうだね」ということです。

編集部

となると、今まで「原因不明」といわれていた症状が、じつは「首こり病」の現れかもしれないということですか?

島崎先生

その可能性が捨てきれません。「首こり病」は最近になって広まってきた概念ですから、医療従事者の間でもまだ、あまり周知されていないようです。ですから、例えば「吐き気」であれば、消化器の失調を疑うのが一般的です。しかし、原因が「首こり病」なら、消化器の異常はみられません。そこで「原因不明」という診断結果になるのだと思われます。

頭蓋骨の後ろの部分に「重だるさ」はないか

首元を手で押さえる男性

編集部

「首こり病」の具体的な症状には、どのようなものがありますか?

島崎先生

「東京脳神経センターの専用サイト」に各種症状が明記されているものの、あくまで一例です。同サイトに載っていない症状だから「首こり病ではない」とは言いきれません。よって、具体的な症状の該当を探すというより、総論として「心身の状態と首が関係している」ことを知っておきましょう。

編集部

問題は、自分の症状を「首こり病」由来だと疑えるかですよね。

島崎先生

その判断は専門家がおこなうことです。患者さんにしていただきたいのは、専門家の判断を仰ぐことでしょう。心当たりがあったら、「首こり病」などで検索し、最寄りの該当施設などを探してみてはいかがでしょうか。

編集部

それにしても、気分の落ち込みや消化器の不調で「首」を疑うのは、一足飛びという気がしてしまいます。

島崎先生

それでは、しかるべき標ぼう化を受診しておいて、そこで「原因不明」といわれたときの“セカンドオピニオン”にしてみませんか。セカンドオピニオンは原則として、治療や施術と切り離された「単独の行為」ですから、安心して相談できると思います。

編集部

「首こり病」と鑑別する、正式な手順はあるのですか?

島崎先生

問診を重視しますが、加えて当院では、頭蓋骨の後ろの部分に「凝りのような硬さ」が出ていると、「首こり病」を疑います。また、器質的な症状と一緒に、自律神経失調症のような症状を伴っているかどうかも判断材料にしています。具体的には頭痛や息切れ、めまい、不眠などですね。

関連記事:

ピックアップ

「外反母趾」の症状・原因はご存知ですか?医師が監修!
「歯がきしむ」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!
【体験談】喉の違和感がことの始まり。胃全摘となった食道胃接合部がん
「ぶつけてないのにあざができる」原因はご存知ですか?医師が徹底解説!