産業観光を通じて越前鯖江を持続可能な地域に!観光地域づくり法人「SOE」設立

福井の産業観光イベント「RENEW(リニュー)」を開催してきたRENEW実行委員会は、通年型産業観光を通して持続可能な産地をつくるため、7月7日(木)に「SOE(ソエ)」を設立した。

越前鯖江のものづくりに触れるイベント

「RENEW」は、福井県鯖江市・越前市・越前町からなる越前鯖江エリアで開催される、持続可能な地域づくりを目指した工房見学イベント。会期中は、越前漆器・越前和紙・越前打刃物・越前箪笥・越前焼・眼鏡・繊維の7産地の工房・企業を一斉開放し、見学やワークショップを通じて一般の人が作り手の想いや背景を知り、技術を体験しながら商品の購入を楽しめる。

今年は10月7日(金)〜9日(日)に「RENEW/2022」を開催。“日本の工芸を元気にする!”をビジョンに掲げる奈良の老舗・中川政七商店が手掛ける「RENEW×大日本市鯖江博覧会 vol.2」や、ドリンクを飲みながらRENEWスタッフに産地を紹介してもらえる「TRAVEL STAND」などの新たな企画も登場する。

福井のものづくり産地を次のステージへ

RENEW実行委員会は、持続可能な地域を作ることを目的とし、年に一度の産業観光イベント「RENEW」を通じて産地のファンを増やし、まちの気運を高めてきた。このほか、雇用創出、産地内教育、産業観光推進などのプログラムも展開し、産地の未来を醸成する好循環を生み出してきた。

このたびRENEW実行委員会が設立した「SOE」は、越前鯖江エリアで産業観光をメインとした持続可能な地域を作る観光地域づくり法人。越前鯖江を通年で楽しめる産業観光を推進するために、新たな事業を展開する。

関連記事:

ピックアップ

“みりん”の魅力と将来性を探る「伝統的酒造りシンポジウムin名古屋」開催
食べて2025年大阪・関西万博を応援!大阪ドッグから「ミャクミャクドッグ」が登場
ゴルフブランド「V12」初のフラッグシップショップが六本木にオープン!
カミオジャパンが、お気に入りのペンを立てられる「TATERUペンケース」を発売