新渡戸文化アフタースクールで小学生がSNSリテラシーを学ぶワークショップを実施

「4kiz」は、新渡戸文化アフタースクールで小学生25名を対象に、12歳以下子ども向けSNSアプリ「4kiz(フォーキッズ)」を活用したSNSリテラシーを学ぶワークショップを8月10日(水)に実施した。

小学生が子ども向けSNSに投稿するワークショップ

ワークショップの講師は「4kiz」代表取締役CEOの本山勝寛氏が務め、参加した小学1~4年生の子どもたちは全員SNSに投稿するのは初めての経験。

まず初めに同氏からSNSを利用する際に、名前や住所など個人情報を書かないことや、人を傷つけるような言葉を書かないことなどの注意点、「4kiz」上ではNGワードの設定によりそういったことができないように設定されていることが説明された。

「4kiz」のアプリ画面をスクリーンに映し出すと、他の同世代の小学生が投稿したイラストやアニメ、マインクラフト作品、釣った魚などのショート動画を興味深々に見ていたそうだ。実際の投稿例を見ながら、創作品や発見したこと、生き物観察など、どんなものを投稿したらよいかを確認し、動画の撮影や編集の仕方を子どもたちが学んだ。

「4kiz」内に実際に投稿

その後、学校の魅力を動画で撮影し、実際に「4kiz」に投稿してみようという題目でワークを実践。一人ひとりが学校で配布されているタブレットを持って学校内を散策した。

校内の植物やグラウンド、アフタースクール内の漫画、児童が作った作品などを撮影し、スタンプやテキストをつけて編集した上で「4kiz」内に実際に投稿が行われた。

関連記事:

ピックアップ

食べて2025年大阪・関西万博を応援!大阪ドッグから「ミャクミャクドッグ」が登場
ゴルフブランド「V12」初のフラッグシップショップが六本木にオープン!
カミオジャパンが、お気に入りのペンを立てられる「TATERUペンケース」を発売
ジェンダーレスコスメbutstillのVRストアがOPEN!名古屋ユニモールのPOP UPストアも