新渡戸文化アフタースクールで小学生がSNSリテラシーを学ぶワークショップを実施

参加した小学生の感想

初めのうちは「分からない」「どうやってやるの?」という声が多かったところから、段々とやり方に慣れていき、「投稿できた!」「ぼくのやつが出てきた!」「コメント返信して!」など、初めてのSNS投稿に子どもたちは達成感を覚えた様子。

ワークショップ内では、友達の投稿に対して「きれいな花だぁ」「すごい」「オススメの本あります?」とアプリ上でコメントをしてみるなど、早速相互のやり取りも見受けられた。参加した子どもたちからは「おもしろかった」「友達の投稿がすごかった」といった感想が挙がっている。

本山勝寛氏の子どもたちへのメッセージ

講師を務めた本山勝寛氏は、『4kizで投稿したものは、ここにいる友達だけじゃなく、全国の同じ小学生にも見てもらえます。これから、自分でつくってみたものや発見したこと、すごいなあと思ったものなどを動画に撮って、4kizに投稿したり、友達の投稿にコメントしてみたりしてください。近いうちに日本だけじゃなく、世界中で使ってもらえるようにするので、みんなが世界中の子どもたちとつながりあえる場所にしたいです』と子どもたちにメッセージを送った。

同社では、学校や学童、子どもに教育プログラムを提供する団体・企業にも、子ども向けSNS「4kiz」アプリの利用を促進していくという。

インターネットを利用するのが当たり前になった今日、「4kiz」の活動に注目してみては。

(角谷良平)

関連記事:

配信元

STRAIGHT PRESS[ストレートプレス]
STRAIGHT PRESS[ストレートプレス]
ストレートプレスは、グルメやファッション、ビューティー、ライフスタイルなど、身近なカテゴリで、日本全国を網羅した情報を幅広く取り上げ、生活に役立つ情報をストレートに発信するニュースメディアです。
ストレートプレスは、グルメやファッション、ビューティー、ライフスタイルなど、身近なカテゴリで、日本全国を網羅した情報を幅広く取り上げ、生活に役立つ情報をストレートに発信するニュースメディアです。

ピックアップ

見え方や読む手段の異なる人が一緒に使える「バリアフリーカレンダー2023」販売中
自己肯定感をはぐくむ知育子ども服「i do button」、第1弾としてナイトウェアを販売
丸義モリカワが暮らしの中の脱炭素をテーマにした「CN2050〜脱炭素ボードゲーム〜」を発売
宮崎県日之影町が、台風14号緊急災害支援を企業版ふるさと納税にて寄附受付開始