「寝ようか?」の声かけは実はNG!?現役保育士が教える子どものお昼寝のやりがちNGとは?

「寝ようか?」の声かけは実はNG!?現役保育士が教える子どものお昼寝のやりがちNGとは?

保育士の中田馨さんが、子どものお昼寝や睡眠について教えてくれました。お昼寝をさせたいのになかなか寝てくれない……とお悩みのママもいることでしょう。子どもをスムーズにお昼寝させるコツも教えてくれているのでぜひ、参考にしてくださいね。


こんにちは!保育士の中田馨です。毎日暑い夏だからこそ、生活の中に取り入れてほしいのが「お昼寝」。保育園では、毎日だいたい決まった時間にお昼寝タイムがあります。

今回は、お家でも活かせる、保育園の「お昼寝時に気を付けていること」をお話しします。

お昼寝は必要?

まだ、体力がない乳幼児さん。お昼寝はそんな乳幼児さんの体と脳を休息させることが目的。特に低年齢児のお子さんは、まだ昼寝が欲しいものです。お昼寝をすることで、体力を回復させて午後からまた元気に活動することができますよ。


とはいえ、お昼寝にも個人差はあります。「もうそろそろ起きようか」というくらいグッスリ寝る子もいれば、お昼寝の時間が短かったり、寝ない日もある子もいます。「必ずしなければいけない」という気合や寝かしつけが、親子の負担になるくらいなら、時にはあきらめも必要です。


「今日は、眠たくないのかもなぁ」と思う日は、子どもの雰囲気でママも分かるはず。そんなときは、ママと一緒にマットやお布団の上でゴロゴロする時間を設けるなど、意識的に体を休息させてあげるのがよいでしょう。

暑い夏のお昼寝で気をつけたいこと

特に暑い夏の日のお昼寝で気をつけたいことは、部屋の温度や湿度です。暑いだろうとエアコンや扇風機をかけていると、思った以上に体を冷やしてしまい風邪気味に…!なんてこともありますし、エアコンや扇風機が直接当たらないように気を付けていたら、おでこに汗をかいているなんてことも。


例えば保育園では、一度に何人もの子どもが寝るので、部屋の場所によって温度が違うので難しいものです。特に、部屋の角に寝ている子は、汗をかきやすいんですよ。

もし、お子さんが汗をかきやすいようだったら、寝る位置を少し変えるだけでも解消されることもあります。


また、子どもがお昼寝しているときは、体を時々触って汗をかいていないか?冷えすぎていないかなどの確認をしていると安心ですね。パジャマや寝具も汗を吸い取りやすい素材のものがいいでしょう

関連記事:

ピックアップ

「もう手放せない!」忙しいワンオペ育児生活にぴったり!ズボラでも続く「ながら美容」アイテム
「なんでお前だけなの?」誕生日サプライズでまさかの地雷!?彼が店で突然キレた理由に仰天
感染症の影響でママ友たちと距離ができたから…?異例ずくめで不安はさらに増し…。
「何のために休んだの!?」子どもが高熱!せっかく休みをとったのに、戦力外すぎる夫にモヤモヤ…