妊娠報告まで!?自分の学習塾で、生徒の保護者に私のプライベートを話す義母。抵抗を感じた私は…

妊娠報告まで!?自分の学習塾で、生徒の保護者に私のプライベートを話す義母。抵抗を感じた私は…

義母が勝手に妊娠報告

義母が私のことを生徒のお母さんに話していると知ってから、数週間後のこと。仲が良く、義母の学習塾に子どもを通わせているママ友と話しているときに、ふと「この間、名前も知らない幼稚園のお母さんから声を掛けられて、義母が私の話をしてるって聞いたんだよね」と話しました。


するとママ友に「これ、言おうか迷ってたんだけど……。〇〇(私の名前)ちゃんが2人目を妊娠したとき、〇〇(私の名前)ちゃんより先に、お義母さんから妊娠報告されたんだよね」と言われました。私がそのママ友に妊娠報告したのは安定期に入ってすぐのこと。つまり、義母は安定期に入る前に、勝手に私のママ友へ妊娠報告をしていたのです。

義母に伝える

私はすぐに義母へ電話で連絡し、なぜ勝手に妊娠報告をしたのか聞きました。すると義母は、「ごめん。うれしかったし、〇〇(私の名前)ちゃんと仲がいいの知ってたから、喜んでくれるだろうと思って」と悪気はなかったものの、勝手に言ったことを反省していました。


私が「ほかに私のことで生徒のお母さんに話したことってありますか?」と聞くと、「〇〇(私の名前)ちゃんが子育てで意識していることとか、ワンオペで育児していることとか、息子(私の夫)の仕事の話とかはしたかも……」とのこと。絶対に言ってほしくないわけではありませんでしたが、やはりプライベートなことをほかの人に言いふらされていることに少し抵抗を感じました。


私は義母に、「いろんな人がいるので、できれば私のプライベートな話は生徒のお母さんたちにしないでもらえませんか? あまり知られたくないこともあるので……」と伝えました。すると義母も「ごめんね、もう絶対に言わないようにするから」と納得してくれた様子。これを機に、義母が私の話を生徒のお母さんにすることはなくなりました。2人目の妊娠もうれしさからつい言ってしまったようですし、義母はおそらく私を家族の一人として見てくれているからこそ、私の話をしたくなったのでしょう。義母と良い関係でいたいので、すぐに義母と話してわかってもらえてよかったなと思っています。

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!


著者:森井さやか

小学生と幼稚園児の男児2人を子育て中。育児の経験やアパレル販売員をしていた経験を生かして、子育て体験談やファッション記事を執筆している。

関連記事:

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ピックアップ

<ヤバい義母>「実家なのにごめんなさいね」里帰り拒否する義姉の決意は固く、居場所を失ったママは…
<もしかして放置子>「いいなぁ~!」娘の朝食を羨む女の子。ちゃんとしたごはん食べてないのかな…?
<悪口ボスママ>「子育てを頑張る自分が好きなんだよ」ママ友の育児を否定し、洗脳するような言葉を…
「こんなに元気なのに…」再び絶望の淵に立たされて…