乳幼児の発熱!家で様子見で大丈夫?感染してたら?受診のタイミングは?ママの疑問を助産師が解決!

乳幼児の発熱!家で様子見で大丈夫?感染してたら?受診のタイミングは?ママの疑問を助産師が解決!

助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、夏の時期の乳幼児の発熱について教えてくれました。小さな子どもの発熱は受診のタイミングも難しいもの。コロナも流行しているので不安になってしまうママも多いですよね。発熱時の受診のポイントについても教えてくれているので、ぜひ参考にしてくださいね。


子どもが発熱すると、ママ達は慌ててしまいますよね。自宅で様子をみるべきか、病院に受診するべきかなど悩むこともあるでしょう。夏は、感染症だけではなく熱中症など発熱の原因は様々あります。

今回は、乳幼児が発熱した時の対応についてお話しします。

乳幼児の発熱はどのくらい?

乳児の体温は、36.5〜37.5℃と大人に比べて高くなっています。しかし、個人差があるため、普段から体温測定を行い、平熱の状態を把握しておく必要があります。


具体的には、37.5℃は微熱、38℃以上あれば発熱を疑い、38.5℃〜39℃以上あれば、高熱といえます。3カ月未満であれば、38℃以上が続くようでしたら、受診が必要です。

また、3カ月以上であっても、39℃以上熱があれば、受診する様にしましょう。乳幼児は、熱の調整機能が未熟で発熱しやすいといえます。

発熱時の受診のポイントは?

子どもが発熱した際に、どのタイミングで受診すべきか悩んでしまうというママの声をよく聞きます。下記を目安にして受診するかの判断をしてみてください。

家で様子を見てもよい場合

・少量ずつでも、水分・食事がとれている。

・夜は眠れている。

・あやせば笑ったり、遊ぼうとする。

・それほど機嫌は悪くない。

・高熱でぶるぶる震えることはあるが、意識はしっかりしている。


かかりつけ医に受診したほうが場合

・水分・食事を全く受けつけない。

・何度も嘔吐する

・おしっこが半日くらい出ない。または色がいつもよりも濃い。

・生後3か月未満の赤ちゃんで、38℃以上の熱がある。

・生後3ヶ月以降でも、体温が39℃以上が続く場合

・何日も熱が下がらず、ぐったりしている。


日中であればかかりつけ医に受診しましょう。夜間や休日であれば、翌日以降にかかりつけ医が診療している時間に受診してくださいね。


※咳があり、濃厚接触者などでコロナウイルス感染の可能性がある場合には、かかりつけ医や地域の発熱外来などに電話相談してから受診するようにしましょう。医療機関ごとに受診時間や受付場所をかえるなどの感染対策を工夫している場合があるため、受診前に医療機関への確認するのが良いでしょう。


夜間や休日でも電話をしてから救急外来受診したほうが良い場合

・意識が朦朧としている

・熱性痙攣を起こしている


※救急外来受診の場合も、咳があり濃厚接触者などでコロナウィルス感染の可能性がある場合は、かかりつけ医などに電話相談してから受診するようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

<恋愛奮闘記>「脈アリかも♡」と思った彼が、裏では他の女性と繋がっていて…!?
義父母宅で出されたケーキを食べようとすると、義母が耳を疑う言葉を…。義母の本心を察した私は…
「良い言葉だけ覚えるなんてムリです」子どもの乱暴な言葉遣いを直したいなら知ってほしいこと
<しっぽがついている息子>「赤ちゃん生きてるんだよ?」わが子の病気を話すと、産むことを反対され