【セリア】収納力が倍増!つっぱり棒用バスケット&シェルフが便利すぎる

【セリア】収納力が倍増!つっぱり棒用バスケット&シェルフが便利すぎる

洗面台下の収納キャビネットは、排水部品が邪魔をして、なかなかうまく使いこなせない場所の1つ。この記事では、人気YouTubeチャンネル「Samia片付け収納チャンネル」の動画から、100均アイテムを使った「洗面台下キャビネット」 の収納アイデアをご紹介します。ちょっとしたアイテムを取り入れるだけで、収納力が倍増するのでぜひ参考にしてくださいね。

つっぱり棒があれば、狭いスペースに収納を作れる

収納スペースは限られていますが、少し工夫すれば細かいアイテムの置き場所を増やせるかも。

今回「Samia片付け収納チャンネル」のSamiaさんは、つっぱり棒とバスケット・シェルフを使って収納場所を作り出していました。

キャビネット内上部に、つっぱり棒を2本設置

排水パイプと重ならないように、キャビネット内に平行につっぱり棒を2本取り付けます。

ⓒSamia片付け収納チャンネル

つっぱり棒と組み合わせられるバスケットやシェルフ(棚板)は、セリアで購入できます。排水パイプと干渉しないように、バスケットやシェルフを組み合わせてみましょう。

カゴには入浴剤を、シェルフにはヘアマスクを配置

ⓒSamia片付け収納チャンネル

Samiaさんの場合、入浴剤の小袋などの細かいものはバスケットに入れ、びんなどそのまま取り出したいものは、シェルフに置くと便利です。

重いものは下段に収納すると◎

つっぱり棒は、重量が重いものの収納には向きません。重いものは下段に収納ケースを並べて保管するのがおすすめです。

奥行きに合う収納ケースを用意

ⓒSamia片付け収納チャンネル

収納ケースは、奥行が合うものを見つけるのがポイントです。

ケースを使えば、重いものを奥に配置しても引き出して取り出せる点が便利です。

ヘアケアやコンタクト用品は立てて収納

ⓒSamia片付け収納チャンネル

シャンプーのストックやコンタクト洗浄液などはケースに立てて収納します。仕切りとして使える細かなボックスやペン立てなども使って自立させると、探すのも取り出すのもスムーズです。

他にも、下段には体重計やヘアアイロンなどを収納しているそうです。

関連記事:

ピックアップ

今すぐまねできる!主婦が「日用品を買い過ぎるクセ」を直した簡単テク
卵不使用・甘さ控えめ◎保育園栄養士が考えた「カレーサブレ」の作り方
節分を迎える親子必見、豆は5歳まで食べさせてはダメ!知っておくべき安全な楽しみ方
タイプ過ぎる人とマッチング!早すぎる展開にドキドキした女性の体験談