ヘンリー王子、英国民から大ブーイングまみれ! 王室と「修復不可能」11の問題行為

 2017年11月にメーガン夫人と婚約してからというもの、英メディアや英国民から叩かれまくっているヘンリー王子。学生時代から王子らしからぬ素行がマスコミに騒がれていたものの、それでも「やんちゃな次男坊」といった憎めないイメージが持たれていた。

 しかし、現在はやることなすこと全てが批判の対象に。20年3月末日をもって、英国の上位王族から引退したヘンリー王子だが、なぜ英国民にこれほどまで嫌われることになったのか? これまでの行動と英国民や英メディアの反応を時系列で振り返ってみよう。

ヘンリー王子&メーガン妃、プライベートジェット移動で「偽善者」非難噴出


(C)Getty Images

 インスタグラムで「地球温暖化に対して行動を起こそう」と呼びかける写真を投稿するなど、環境問題に熱心に取り組んでいることで知られる、英国王室のヘンリー王子とメーガン妃。そんなエコな2人が、19年8月、大量の二酸化炭素を排出するプライベートジェット機で高級リゾート地に飛び、バカンスを楽しんでいることが判明した。

 英紙「ザ・サン」によると、2人は生後3カ月のアーチー王子を抱っこしたままプライベートジェットに乗り込み、8月6日~12日にスペインのイビサ島に滞在。いったんイギリスに帰国し、14日にまたプライベートジェットでフランスの高級リゾート、ニースに飛んだ。

 格安航空会社イージージェットなら232ポンド(約3万円)で行けるのに、2万ポンド(約250万円)を超えるチャーター代を払い、一般的な航空会社のフライト移動と比べて1人当たり7倍もの二酸化炭素が発生するプライベートジェットに乗ったことに、ネット上では「税金を使って、環境に悪いことしてる」「短期間に2度もプライベートジェットでバカンスに繰り出すなんて! 偽善者もいいとこだ!」「王子は一体何を考えているのか?」と非難が殺到している。

ヘンリー王子、「サセックス公爵」グッズ狙いで商標登録

 現地時間2020年1月8日に公式インスタグラムで突然「高位王族からの引退」を表明した、英国・サセックス公爵ヘンリー王子&メーガン妃。

 2人は今回の表明の後、新しいウェブサイト「sussexroyal.com」をローンチし、その中で高位王族であるために収入を得ることを禁じられていると告白。公費・私費を賄っているのは、王室助成金と、チャールズ皇太子からコーンウォール公爵領の収入の一部として、ウィリアム王子と共に受け取っている年間490万ポンド(約7億円)の中からの取り分。

 全体の比率を見ると、王室助成金は約5%と低く、ほとんどが父親頼みであることも明かした。高位王族を離れた後も、このコーンウォール公爵領の収入の一部を受け取るのかは不明。

 ヘンリー王子の資産は、母である故ダイアナ妃から相続した推定2000万ポンド(約28億6000万円)の遺産と、祖母であるエリザベス女王からの700万ポンド(約10億円)の信託。メーガン妃の資産は女優時代に築いた400万ポンド(約5億7000万円)。合わせるとかなりの資産家ではあるが、今までと同じレベルの生活を望むのなら、あっという間になくなるだろう。

 だが、「デイリー・メール」によると、この1カ月で2人は「サセックス公爵」をブランド化するため、Tシャツ、本、雑誌など100以上のアイテムをサセックス公爵で商標登録しているという。現にこれらのグッズが世界中で売れたら、かなりの額を稼げるだろう。

 SNSでは今回の発表を批判する声が非常に多く、ネット上では「結婚式に使った税金を返せ!」「メーガン妃には、ぜひ英王室ドラマ『ザ・クラウン』(エリザベス女王の半生を描いた話題作)に出演していただきたい!」などと強烈な文句が飛び交っている。

関連記事:

ピックアップ

桃屋の食べるラー油で、お手軽な居酒屋おつまみ【ネバネバ小鉢】を作ってみた! 米も酒も進む濃厚な味に胃袋が唸る!
中学受験塾の室長が明かす、「モンスタークレーマー」の実態……「医学部狙い」の父親が暴走
『鉄腕DASH』『VS魂』King&Prince・岸優太の“後釜”は誰? なにわ男子だったら「ファン激怒は必至」
King&Prince・平野紫耀の弟、「ichiban」ダンス動画公開に「兄の話題性に便乗」と批判―― ジャニーズは「苦笑せざるを得ない」?