妻にうんざり離婚したい!離婚した場合のメリット・デメリットとは?

妻にうんざり離婚したい!離婚した場合のメリット・デメリットとは?

妻にうんざりしているとお悩みの方は多いのではないでしょうか。

妻の小言や夫婦の関係性、妻のお金の使い方や育児方針など、うんざりする理由はさまざまです。

うんざりしていても、何か幸せを感じることがあれば耐えようと考えられるかもしれません。

しかし、これ以上耐えられずに離婚まで考えるようなケースもあると思います。

妻にうんざりしているという理由で離婚することはできるのでしょうか?

今回は、妻にうんざりして離婚する場合のメリットやデメリットについて、ベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。

この記事が、今後の夫婦生活について考える手助けとなれば幸いです。

1、妻にうんざり!離婚したいとまで考える原因とは?

夫婦生活をしていれば、妻にうんざりするようなことはあるでしょう。

しかし、一時的にうんざりしてしまうのではなく、離婚まで考えるようなケースもあります。

妻にうんざりして離婚まで考えるようになってしまう原因には、どのようなことがあるのでしょうか。

夫が離婚したいとまで考えるほどうんざりする妻の行動として、次のようなものが挙げられます。

(1)夫への態度が冷たい

恋人関係のときは、自分に優しくしてくれたり愛情を注いでくれたりしていた妻が、結婚したら徐々に夫に対して冷たくなってしまうということは珍しくありません。

一緒に生活しているうちに妻の言葉使いがきつくなり、些細なことでも怒られるようになってしまう夫も多いでしょう。

いつまでも恋人時代の時のような妻のままでいることは難しいと分かっていても、毎日のように冷たい態度をされるとうんざりしてしまいます。

とくに夫は仕事で疲れているため、家では癒しを求めるものです。

それなのに妻の態度が冷たければ、夫も妻に対してうんざりして気持ちが冷めてしまっても仕方ありません。

(2)妻のDVやモラハラがひどい

家庭内のDVやモラハラというと、夫側が加害者というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、妻がDVやモラハラの加害者であるケースもあります。

身体的暴力や言葉の暴力を日常的に受けていれば、うんざりして離婚を考えるようになるかもしれません。

また、前項で紹介したような「夫への態度が冷たい」という点も、ヒートアップすればモラハラに当てはまるでしょう。

自分が我慢していれば、妻のイライラや怒りは収まるだろうと考えていても、頻繁に暴力や暴言が続けば精神的に追い込まれるようになってしまいます。

(3)家事など家のことをしてくれない

妻が、家事など家のことを全然してくれなければ、うんざりして離婚を考えてしまう方もいるのではないでしょうか。

特に、妻が専業主婦なのに家事をしてくれなければ、仕事をして帰ってから自分で家事をしているうちにうんざりしてしまうでしょう。

共働きならば、家事を分担して行うことや、その時のタイミングで家事ができる方がやっておくなどルールがあるはずです。

しかし、妻が全然家のことをしてくれなければ夫の負担ばかりが大きくなってしまい、不満やストレスになってしまいます。

(4)妻の浪費や自分のお小遣いに不満がある

夫が、妻や子供との生活や老後のために稼いできたお金を妻が浪費してしまっていれば、うんざりして離婚したくなるでしょう。

頑張って働いたお金を妻が浪費していれば、将来に不安を覚えることは当然です。

こうした場合、離婚して自分でお金を管理した方が安全だと考えるようになります。

また、お小遣いに不満があるものの妻が取り合ってくれないとうんざりして離婚を考えてしまうかもしれません。

離婚をすれば自分の稼ぎは自由に使えるようになるため、金銭面に関する不満がなくなると考えられます。

(5)スキンシップが少なくなった

夫婦間でのスキンシップがなくなったことが原因で、離婚する夫婦も珍しくありません。

夫婦間での触れ合いが減ったことで、妻への愛情がなくなり、うんざりして離婚に繋がるようなケースも多いです。

夫が妻に女性としての魅力を感じなくなり、スキンシップを求めなくなるケースもありますが、妻側が夫と触れ合うことを拒むケースも多いです。

特に、出産は夫婦生活がなくなるきっかけになりやすいでしょう。

何度も拒否されたり、応じてもらえても妻が気乗りしない様子だったりすると、うんざりして気持ちも離れてしまいます。

(6)育児方針が合わない

夫婦で子育てに関する意見に相違が出ることはあるでしょう。

しかし、大きく育児方針が異なる場合や、妻が一方的に決めて育児に関することを全て決めてしまう場合には、夫も苛立ちを覚えるはずです。

育児は長く続くものなので、次第に妻にうんざりして離婚まで考えるようになるケースもあります。

(7)妻が不倫している

家族のために働いたり、愛情を注いできたりしていたにも関わらず、妻が他の男性と不倫していることは許せない裏切り行為です。

妻が不倫していることに気付けば、妻にうんざりして離婚したくなるでしょう。

2、妻にうんざりしていても離婚を踏みとどまる原因は?

妻にうんざりしても、離婚まではなかなか切り出せないという方も多いでしょう。

何度も離婚が脳裏によぎっても、悩んで考え直すということを繰り返すケースは多いです。

妻にうんざりしていても離婚を踏みとどまる原因には、次のようなことが挙げられます。

(1)子供のこと

子供がいる場合、離婚をすれば子供への影響を心配する方は多いでしょう。

親の離婚によって子供に何らかの影響が出るのではないかと考えてしまい、離婚を踏み出せない方も多いと思います。

また、離婚するとなれば、子供の親権の獲得には母親の方が優位です。

子供と離れたくないと考えて、離婚までに至らないというケースも少なくありません。

(3)お金のこと

現在、共働きで生計を立てている場合は、離婚で収入が減少してしまうことに不安を覚えるケースもあるでしょう。

離婚をすれば食費の出費が減るものの、家賃や光熱費が折半できなくなるため、1人では現状の生活維持が難しくなる場合もあります。

こうした場合には、離婚することに二の足を踏んでしまうでしょう。

また、離婚をすれば、夫婦で財産を分割することや、自分に離婚の原因があれば慰謝料を請求される可能性もあります。

財産が減少してしまうことに不安を覚えて、離婚に踏み出せないパターンもあります。

(3)世間体

結婚する際には親族や友人、職場の人々など多くの人から祝福を受けるため、離婚するとなれば周囲に離婚することを言い出しにくいものです。

特に、周囲から離婚したことがどう思われるのか気になる場合、離婚することに躊躇してしまいます。

近年では、離婚をする夫婦も増えているので、周囲から離婚で非難されるようなことも減っています。

離婚原因によっては、周囲からの視線が気になってしまうケースもあるでしょう。

関連記事:

ピックアップ

離婚が子供に与える8つの影響と将来の不安を最小化する方法
離婚の切り出し方|切り出すタイミングと知るべき6つのこと
離婚の話し合いマニュアル|後悔のない話し合いとするために
離婚の種類は?4つの離婚の種類と具体的な手続きの流れを解説