夫源病チェックシート|夫源病の改善方法と離婚したいときの対処法

夫源病チェックシート|夫源病の改善方法と離婚したいときの対処法

夫が家にいると頭痛や動悸など体調が悪くなるとお悩みではありませんか?

夫へのストレスが原因で体調不良が起こった場合、「夫源病(ふげんびょう)」かもしれません。

夫源病は名前の通り、夫が原因で生じる心身の不調を指します。

自分では原因がわからず、他の病気が不調の原因ではないかとお悩みの方も多いです。

ここでは、夫源病かどうかを簡単に診断できるチェックシートをご紹介します。

併せて不源病を引き起こしやすい夫や妻の特徴や、改善のための対処法、夫源病を理由に離婚できるかどうかについても解説しているので参考にしてみてください。

また、不源病の詳しい症状や対処法についてはこちらの記事も参考にしてください。

1、その症状は夫源病かも?チェックシートで診断してみよう

不源病の場合、心身ともにさまざまな不調が現れます。

更年期障害の特徴である不定愁訴(ふていしゅうそ)と症状が似ているため、更年期障害だと思われてしまうケースも少なくありません。

夫と妻のそれぞれの特徴も含め、症状などからも不源病かどうか確認してみましょう。

(1)夫の特徴で診断できるチェックシート

まずは、夫の特徴から診断できるチェックシートをご紹介します。

夫の発言や行動で当てはまる項目がいくつあるかチェックしてみてください。

【夫の特徴で診断できるチェックシート】

家の外では愛想が良く優しいが、家では不機嫌
亭主関白で家事や育児は女性の仕事だと思っている
家事をしないが口出しはする
自分が悪くても謝罪しない
「ありがとう」「助かった」など感謝の言葉はほとんど口に出さない
妻の行動や予定を制限したがる
家族は自分が養ってきたと考えている
仕事以外の趣味や交友関係がほとんどない
自分の価値観を妻に押し付けがち
上から目線の発言が多い

上記のチェックシートの項目に該当するものが少なければ、ストレス発散などをすることで解消できる可能性が高いです。

しかし、項目に該当するものが多いほど夫への不満が溜まりやすく、夫の存在自体がストレスになってしまいやすいと言えます 

(2)妻の特徴で診断できるチェックシート

夫の特徴だけではなく、ご自身が夫源病になりやすいタイプであるのかどうか確認しましょう。

次のチェックシートから、ご自身に該当するものがいくつあるのかチェックしてみてください。 

【妻の特徴で診断できるチェックシート】

我慢強い
几帳面で細かいことが気になってしまう
感情を表に出すことが苦手
周囲からの評価や世間体が気になってしまう
反論することが苦手
良い妻・良い母親でありたいと強く考えてしまう
自分の時間がほとんどない
世帯での収入が少ない/夫が借金をしている

上記のチェックシートの項目が多いほどストレスを抱えやすい性格や環境であると考えられます。

夫の性格だけではなく、ストレスを感じやすい環境が揃っていると不満が積もって夫源病が起こりやすくなります。

(3)症状や病名で診断できるチェックシート

夫源病は心身ともに不調が現れますが、その症状には個人差があります。

次のチェックシートから該当するような症状がないかどうかチェックしてみてください。

【症状で診断できるチェックシート】

夫が家にいるとストレスを感じ、夫がいないと心が軽くなる
夫が家にいる時間帯に頭痛や息苦しさを覚える
夫の発言や行動の1つ1つに苛立ちを覚える
夫が怒ると動機やめまい、手の震えが生じる
原因のわからない耳鳴りやめまいに悩まされていたが、夫の出張や単身赴任のタイミングで改善された
感情が不安定になり、急に泣き出してしまうことがある
無気力な状態が続いている

夫源病では夫と過ごす時間に体調不良が生じやすくなり、夫が仕事などで外出していると症状が軽減されることが多いです。

また、既に医師から受け次のような病名の診断を受けている場合は夫源病の可能性があります。 

【病名で診断できるチェックシート】

突発性難聴
メニエール病
本能性高血圧症
抑うつ
産後うつ
更年期障害 

こうした病気は明確な原因が分かっていません。

夫に対するストレスが原因となることも十分に考えられますので、上記のような病気だと診断され、治療を続けているものの改善がみられないような場合には夫源病が疑ってみた方がよいでしょう。

2、夫源病を引き起こしやすい夫の具体的な特徴

夫源病のチェックシートをご紹介しましたが、試してみていかがだったでしょうか?

次に、夫源病を引き起こしやすい夫の特徴をさらに具体的にご紹介します。

次の特徴に当てはまるような夫は、妻にストレスを与えやすい夫だと言えます。

(1)妻の家事や育児に細かく口を出す

近年では共働きも増え、男性も家事や育児に協力的な家庭が増えています。

しかし、現在でも家事や育児は妻の仕事だと考えて協力しない夫も存在します。

そればかりか、自分は家事も育児もしないにも関わらず口出しだけはしてくるようなケースも少なくありません。

また、家事や育児に協力することがあるものの、妻のやり方にいちいち文句をつけてくるような夫もいるでしょう。

こうした夫は完璧主義であったり、自分が常に正しいと思い込んでいたりします。

そして、細かく口出しされる妻は常に夫の目を気にしていなければならず、ストレスを抱えてしまい、夫源病に繋がってしまいやすいと言えます。

(2)あいさつや感謝、ねぎらいの言葉がない

夫源病を引き起こしやすい夫は、妻に対して感謝、ねぎらいの言葉をかけることがない傾向にあります。

「夫婦だから言わなくても分かっているだろう」「妻だから当然だ」と考えており、「ありがとう」という一言を言うことがないのです。

ひどい場合には「おはよう」「おやすみ」など日常の挨拶もせず、家にいる間は不機嫌にしているようなケースもあるでしょう。

(3)自慢話が多く、妻に対して威張る

夫源病を引き起こしやすい夫は、プライドが高く、妻より自分の方が上だと考えています。

そのため、自慢話をすることが多いです。

そして、妻に対して常に威張っており、上から目線での発言をします。

自分が間違ったようなことがあったとしても、過ちは認めずに謝罪をすることもありません。

関連記事:

ピックアップ

離婚が子供に与える8つの影響と将来の不安を最小化する方法
離婚の切り出し方|切り出すタイミングと知るべき6つのこと
離婚の話し合いマニュアル|後悔のない話し合いとするために
離婚の種類は?4つの離婚の種類と具体的な手続きの流れを解説