【新発売】サクッふわっ! 焼き網がメッシュになった新モデルの『アラジン グラファイトトースター』で、トーストや焼餅、天ぷらの美味しさがグレードアップ!

【新発売】サクッふわっ! 焼き網がメッシュになった新モデルの『アラジン グラファイトトースター』で、トーストや焼餅、天ぷらの美味しさがグレードアップ!

パンを美味しくする魔法のようなトースター『アラジン グラファイトトースター(2枚焼き)』が、3年ぶりのリニューアル! より進化した2022年最新モデルが誕生だ。ポイントは、ムラなく焼けて食材がくっつきにくいメッシュ網。どんな風に使いやすくなったの? 食材をもっと美味しく温められるようになったって本当? そんな疑問に迫りつつ、さっそくおためししていこう!

進化したアラジンのグラファイトトースター

カラー:グリーン

憧れのキッチン家電といえば、日本エー・アイ・シー(兵庫県)が販売を手掛けるアラジンのグラファイトトースター。わずか0.2秒で発熱する特許技術「遠赤グラファイト」を世界で初めて搭載し、スピーディーに “サクッふわっ” なトーストを焼き上げる。

3年ぶりにリニューアルした『アラジン グラファイトトースター(2枚焼き)』(全2色・価格 税込14,080円・2022年9月1日発売)は、焼き網をメッシュ網に変更。パック餅などのくっつきやすい食材も、アルミホイルなしで焼きやすくなった。

天ぷらや唐揚げなど、お惣菜の温め直しに便利な受け皿も付属。余分な油を落とすことで、揚げたてのサクッと食感を再現できる。

パック餅が全くくっつかない…これは感動!

さっそくパンから焼いてみよう。

トースト2枚なら、おすすめは280度で約2分間。高温&高速で一気に焼き上げよう。

タイマーを回した瞬間、オレンジの灯りに包まれすぐに加熱が始まった。

完成! 表裏ムラなくこんがり色付いた焼き目が食欲をそそる。

外はカリッサクッ、中はふ~んわりもっちもち! 水分と美味しさがしっかり閉じ込められている。いつものスーパーの食パンが「あれ、こんなに甘かったっけ…」状態。これはすごい。

新しくなったメッシュの焼き網で、パック餅も焼いてみよう。網の表面が細かく波打っているから、食材と触れる面が最小限に抑えられるようだ。

タイマーを5分にセットして加熱開始!

すぐにぷくぷく~っと膨れ上がる餅。重心が寄りぐらぐらと躍り出しても、底がくっついている気配はない。

完成! こちらもムラなくこんがり焼き色が付いた。そのうえ、くしゃくしゃにしたアルミホイルの上でもくっつくあの餅が、網に全くと言っていいほどくっついていない!

両面パリパリッ、中はもっち~り。短時間で一気に焼き上げるから、内側の水分が奪われずパサパサしない。網も、どこに餅を置いていたか分からないくらいなので、お手入れも楽!

最後はメッシュ網の下に受け皿を置いて、お惣菜を温め直してみよう。

天ぷらは、レンジで温めると油がべちゃっとするし、魚焼きグリルだと表面だけ焦げちゃうのが悩み。網にずらりと並べて…

加熱開始! 160℃で4分ほど焼いてみた。

出来上がりは、これ以上ないくらいにサックサク! 揚げたてをも超えるサクサク感だ。

エビはふわふわプリプリ、さつまいもはホクホク。中の食材は硬くならず衣だけしっかり生き返っているからすごい。受け皿に落ちた油をサッと洗うだけのお手入れの楽さも◎

関連記事:

ピックアップ

【期間限定】『本麒麟 香りの舞』ドイツ×日本のブレンドホップでどうなった?【飲んでみた】
まるで映画館のようなサウンドが自宅で!『PHILIPS サウンドバー』クラウドファンディングでの購入は締切間近!
お正月、お孫さんと一緒にお餅の風味を味わえる! なめらかな食感の『ソフリお餅風ムース30』をおためし!
年末の大掃除はこれ1本で! 水から生まれた『超電水クリーンシュ!シュ!』で家中まるっとお掃除してみた