アスペルガーの相手と離婚してよかった?離婚する場合の注意点を解説

アスペルガーの相手と離婚してよかった?離婚する場合の注意点を解説

アスペルガーの配偶者と離婚してよかったと思えるのだろうか……。

アスペルガーの配偶者と離婚を考える場合、このまま結婚生活を続けることの難しさや、離婚した後に生じる問題点等を総合的に考える必要があります。

仮に離婚の話を進めるにしても、アスペルガーの配偶者との話し合いは難航する可能性もあるでしょう。 

今回は、

アスペルガーの配偶者と結婚生活を続けることが難しい理由
アスペルガーの配偶者と離婚を考えるときの注意点
アスペルガーを理由に離婚できるか

等について、ベリーベスト法律事務所の弁護士が解説します。 

1、そもそもアスペルガーとは

アスペルガーの配偶者と離婚してよかったと思えるかどうかを知る前に、まずは「アスペルガー」について整理しましょう。

アスペルガーの特徴
アスペルガーの配偶者と結婚生活を続けることが難しい理由

について解説します。

(1)アスペルガーの特徴 

アスペルガーは、広い意味で自閉症スペクトラム障害(ASD)のひとつで、高機能自閉症、高機能広汎性発達障害とほぼ同義とされることもあります。

興味や行動の極端な偏りがあったり、コミュニケーションや対人関係にうまく対応できなかったりする等の傾向があります。 

(2)アスペルガーの配偶者と結婚生活を続けることが難しい理由

なぜ、アスペルガーの配偶者との結婚生活は継続が難しいのでしょうか。

その理由を順番に見ていきましょう。

 ①話がコロコロ変わるから

アスペルガーの人は、話がコロコロ変わることが多いです。

ただ、これは本人に悪気があるわけではないケースがほとんどです。

アスペルガーの人は、頭の中に思い浮かんだことや興味の対象が移り変わると、我慢できずに口にしてしまう傾向にあります。

そのため、まだ話の途中であるにもかかわらず、突然話を遮られてしまったり全く違う話題に移られたりしてしまうことがあるのです。

結果として、「この人とは会話が成立しない」という虚しさを感じやすくなります。

②親戚付き合いができないから(法事等を含む)

アスペルガーの人は、法事等の親戚付き合いや行事があっても、自分が行きたくないと感じたら親戚付き合いに参加しない人も多い傾向にあります。

アスペルガーの人の配偶者は、親戚から「なぜあなたの夫は法事に来ないの?」などと責められて、悲しい思いをすることもあるでしょう。

③空気を読むことができないから

アスペルガーの人は、いわゆる「空気を読む」ということがなかなかできません。

大人になれば、仕事であっても日常生活であっても、空気を読んで控えるべき言動がありますが、アスペルガーの人はそれができないのです。

そのため、自分が思った通りの行動や発言をしてしまい、周りの人を困惑させたり傷つけてしまったりすることもあります。

③言われたことを言葉通りに受け取ってしまうから

アスペルガーの人は空気や行間、言葉の裏側に潜んでいる思いなどを読むのが非常に苦手で、言葉通りに受け取ってしまう傾向があります。

察してほしいことを察してくれなかったり、全てを細かく説明しなければならなかったりすることは、ストレスに感じられるでしょう。

④目の前のことしか見えない・長期的視点を持てないから

人生には、長期的視点を持った方が良い場面がありますよね。

お金の使い方や健康管理などは、その代表的な例です。

目の前の快楽だけを求めてお金を使ったり、好きなものを好きなだけ食べていたりすると、未来の自分が後悔することになりかねません。

アスペルガーの人は、このような長期的視点を持つことを苦手とする人が多く、目の前のことしか見られない傾向にあります。 

⑤自分の意見が正しいと思い込んでいるから

アスペルガーの人は自分の意見が正しいと思い込んでいる側面があるので、夫婦で意見が分かれた際、自分が譲るという判断をすることができません。

正しいのはあくまでも自分であり、自分と異なる意見は間違っているというのがアスペルガーの人の頭の中なのです。

このように、常に自分が正しいと主張されてしまっては、夫婦で話し合うことや歩み寄ることが難しくなってしまうでしょう。

⑥相手に合わせることができない、思いやりに欠けるから

自分の意見が正しいと思っているアスペルガーの人は、相手に合わせたり相手を思いやったりすることがなかなかできません。

むしろ、相手が自分に合わせるべきだと思い込んでいる一面さえあります。

夫婦は、お互いに思いやることができないと結婚生活を続けていくことがただでさえ難しいでしょう。

思いやりに欠けるパートナーの行動が重なり、離婚を考えるのも無理はありません。

⑦感情や行動のコントロールが苦手だから

アスペルガーの人は、自分の感情の変化やどのような行動をとるかをコントロールすることが苦手な傾向にあります。

そのため、一度怒りやイライラの感情がわくとその感情をコントロールできず、パートナーに感情をぶつけてしまうことがあります。

⑧自分の決めたルールをくずすことに極度の抵抗感があるから

アスペルガーの人は行動に柔軟性を持たせることが苦手なので、自分の決めたルール通りに動きたい傾向があります。

予期せぬ事態が発生し、自分のルールとは違う行動を取らなければいけなくなったとき、露骨に不機嫌になる等の一面があります。

2、アスペルガーを理由に離婚できる?

以上のように、アスペルガーの人と結婚生活を続けることはかなりの根気が必要となります。

アスペルガーの人との結婚生活に限界を感じ離婚を考える際、アスペルガーを理由に離婚することはできるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

(1)離婚の種類

離婚には、次の3種類があります。

①協議離婚 

1つ目は協議離婚です。

協議離婚は夫婦の話し合いにより離婚を成立させるものなので、双方が納得し離婚届を提出できれば離婚成立となります。

②調停離婚

離婚について話し合いではまとまらなかった場合、調停手続きに進むことになります。

日本では調停前置主義が採用されているので、裁判の前に調停をはさむことになっています。

法律で定められた離婚事由がなかったとしても、調停員をまじえた話し合いを進め離婚の話がまとまれば離婚成立となるのです。

③裁判離婚

調停でも離婚の話がまとまらなかった場合、裁判に進むことになります。

裁判離婚の場合は協議離婚や調停離婚とは異なり、法律で定められた離婚事由が存在しなければ離婚が成立しません。

多くのケースで問題になるのは、「婚姻を継続しがたい重大な事由」の該当性です。

(2)「婚姻を継続しがたい重大な事由」の該当性

アスペルガーというだけでは、通常は「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当しません。

結婚生活の継続が不可能に近いと思えるほどアスペルガーの配偶者に悩まされていても、アスペルガーというだけでは同事由には該当しないのが現実です。

アスペルガーの配偶者と裁判離婚で離婚するには、アスペルガー以外の事情を組み合わせ総合考慮したうえで「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当することを主張していく必要があります。

関連記事:

ピックアップ

円満離婚を成功させる1つの条件と必須準備を弁護士が解説
妊娠中の離婚はできるの?親権と養育費など知っておきたい6つのこと
経済的DVの7つのチェックリストや夫と離婚する場合の対処法
審判離婚とは|具体的な費用や手続きなど5つの知識を解説!