サイレントモラハラのチェックリスト~注意点や対処法について解説

サイレントモラハラのチェックリスト~注意点や対処法について解説

サイレントモラハラを夫にされているかチェックしたい……。

近年では、「モラハラ」という言葉が浸透し、家庭内でもモラハラがあることが一般的に知られるようになりました。

モラハラというと、一般的には「言葉の暴力」ですが、言葉のない「サイレントモラハラ」というモラハラをご存知でしょうか。

夫から無視されたり睨みつけられたりすることが日常的になっている場合、サイレントモラハラの可能性があります。

そこで今回は、サイレントモラハラに焦点を当て、

サイレントモラハラのチェックリスト
サイレントモラハラをする夫の特徴
サイレントモラハラの注意点
サイレントモラハラが原因で離婚や慰謝料請求が可能か

について、ベリーベスト法律事務所が解説します。

本記事で、サイレントモラハラチェックをして、夫の行動がサイレントモラハラに該当するかどうか確認してみてください。

1、サイレントモラハラのチェックリストの前に~サイレントモラハラとは?

そもそも、モラハラとは「モラルハラスメント」の略で、倫理や道徳に反した嫌がらせで相手を精神的に追い詰める行動を指します。

DVとは異なり、言葉や態度によって行われる精神的な嫌がらせです。

サイレントモラハラとは、一般的なモラハラのように直接的に相手に向かって暴言を吐いたり屈辱したりするようなものではありません。

直接的に言葉で言わず、態度や表情で相手を傷つけるような行為をすることを指します。

相手に気を遣わせるような空気を出して精神的なプレッシャーを与えるため、その場の空気で暴力を与えているといえるでしょう。

2、夫からサイレントモラハラを受けている?サイレントモラハラチェックリスト

サイレントモラハラは、通常のモラハラのように直接的に暴言を吐かれたり屈辱を受けたりするわけではありません。

そのため、モラハラなのか判断できずに悩んでいる方も多いでしょう。

夫からサイレントモラハラを受けているのかどうか判断するために、本章の「サイレントモラハラのチェックリスト」で当てはまるか確認してみてください。

(1)話しかけてもずっと無視する

(2)大きなため息や舌打ちをする

(3)不機嫌な表情をする

(4)何も言わずに睨みつける

(5)そっけない態度をとる

(6)ひとり言のように文句や批判を言う

該当するものが多いほど、サイレントモラハラを受けている可能性が高いと言えます。

それぞれの項目が、具体的にどのようなことを示すのか確認していきましょう。

(1)話しかけてもずっと無視する

妻を無視することは、モラハラ夫の定番の攻撃法であるといえるでしょう。

妻が話しかけても、気に入らないことがあればモラハラ夫はひたすら無視を続けます。

無視される時間は数時間で終わることもあれば、数日から数週間、何ヶ月と続くこともあります。

まるで自分が存在しないように無視されれば、妻は「自分が夫に何かしてしまったのだろうか……。」と不安になるでしょう。

無視をされているだけで、特に夫に何も言われていないにも関わらず、妻は夫の顔色を伺うことになってしまいます。

夫に対して以上のような態度で接すれば、夫は一層つけ上がり、モラハラが悪化するという悪循環を招く可能性があるのです。

(2)大きなため息や舌打ちをする

夫が思っている通りに妻が行動しない場合、夫は「はぁ」と大きなため息をついたり、舌打ちをしたりすることも、サイレントモラハラといえるでしょう。

明らかな暴言がなくても、大きなため息や舌打ちは、不機嫌な態度を表す行動といえます。

妻に聞こえるように、わざと大きなため息や舌打ちをすることで、夫は自分の苛立ちを妻にアピールしているのです。

(3)不機嫌な表情をする

何かにイライラして不機嫌になってしまうことは、誰にでもあることです。

ただ、「不機嫌になる」とすぐに不機嫌な表情になることは通常とは異なります。

突然何の理由もなく不機嫌になり、あからさまに不機嫌な表情をすることは、モラハラする人に多い行動です。

不機嫌な表情で相手に威圧感を与え、わざと相手に気を遣わせようとしているといえます。

不機嫌な表情や態度をとることが多い場合、モラハラの可能性が高いでしょう。

(4)何も言わずに睨みつける

何も言わないものの、睨みつけられれば不安や不快な思いになってしまいます。

サイレントモラハラでは、妻に対して睨みつけるような冷たい視線を向けることが多いです。

例えば、妻が手をすべらせてお皿を割ってしまったとしても、「大丈夫?怪我をしていない?」など優しい言葉をかけません。

真っ先に、「しっかりしろよ」と言わんばかりの視線で睨みつけられてしまいます。

言葉で批判をしないものの、視線によって批判しているのです。

(5)そっけない態度をとる

楽しい会話をしていても、サイレントモラハラをする夫は、突然そっけない態度をとります。

話しかけても「へー」「だから何?」など会話が続かず、冷たい態度をとられてしまいます。

そのため、妻は話しかけることが怖くなり、相手の顔色を伺うようになってしまうでしょう。

サイレントモラハラをする夫の機嫌が悪くなるスイッチは突然切り替わるため、楽しかった雰囲気が、一気に緊張感のある雰囲気に変わってしまうことも多いです。

(6)ひとり言のように文句や批判を言う

サイレントモラハラでは、直接的に暴言を吐かれるようなことはなくても、独り言のように文句を言われます。

何か言っているようなので、耳をすませば自分への批判を言われていたり、わざと聞こえるような独り言で小言を言われていたりするケースがあります。

この独り言に対して謝罪や弁明をしても、「お前に言ってない」と冷たくあしらわれてしまうこともあるのです。

文句を独り言のように言い続けられると、妻は「自分が悪い」と思うようになり、夫にコントロールされていくようになってしまいます。

関連記事:

ピックアップ

離婚が子供に与える8つの影響と将来の不安を最小化する方法
離婚の切り出し方|切り出すタイミングと知るべき6つのこと
離婚の話し合いマニュアル|後悔のない話し合いとするために
離婚の種類は?4つの離婚の種類と具体的な手続きの流れを解説