セカンドパートナーとは?配偶者にいたら離婚や慰謝料請求できる?

セカンドパートナーとは?配偶者にいたら離婚や慰謝料請求できる?

「セカンドパートナー」という言葉を耳にしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

新たな関係性を表す言葉であり、近年目や耳にすることが増えてきています。

配偶者以外のパートナーのことを指しますが、友達以上の関係です。

しかし、肉体関係のないセカンドパートナーとの関係は不倫と言い切れません。

そのため、配偶者にセカンドパートナーがいることが発覚したものの離婚や慰謝料請求できるのかどうかお悩みの方も多いでしょう。

ここでは、セカンドパートナーの意味や、セカンドパートナーの発覚による離婚・慰謝料請求の可否について解説します。 

浮気の定義については以下の関連記事をご覧ください。

1、セカンドパートナーとは?

セカンドパートナーとは、名前の通り家庭以外で作る2番目のパートナーのことを指します。

異性の友人とは異なり、セカンドパートナーには恋愛感情があります。

しかし、恋愛感情があるといってもプラトニックな関係です。

恋愛感情があるのであれば、「不倫」になるのではないかと考える方もいるでしょう。

しかし、法律上の不倫は配偶者以外の相手と肉体関係を持つことを指します。

それに対し、セカンドパートナーは友達以上恋人未満のような関係に近いと言えます。

また、セカンドパートナーとの関係は、既婚者同士であることが一般的です。

なぜならば、互いに配偶者がファーストであり、あくまでもセカンドであるという関係を維持できるからです。

2、セカンドパートナーを求める男性心理とは?

配偶者がいるにも関わらずセカンドパートナーを求める男性は、どのような心理でセカンドパートナーを求めているのでしょうか?

セカンドパートナーを求める男性心理として次のようなものが挙げられます。

(1)刺激がほしい

仕事と家の往復だけで毎日の生活に退屈してしまい、刺激が欲しくなってセカンドパートナーを作るケースがあります。

妻とも結婚当初はドキドキして楽しい生活を過ごせていたものの、毎日一緒にいると関係もマンネリ化してきてしまいます。

そこで、新しい相手を見つければ、恋愛感情によるドキドキ感や秘密の関係への刺激を得ることができます。

セカンドパートナーはマンネリ化した日常のスパイスになってくれるのです。

(2)男としての自信を取り戻したい

結婚をすれば、妻から恋人時代のように異性としては見られなくなってしまいます。

一人の男として見られたくても、妻は異性として見てくれません。

セカンドパートナーという新しいパートナーを作れば「カッコよくみられたい」と考えて自分磨きを行うことになりますし、相手からも「かっこいい」「素敵」などといって異性として扱ってもらえます。

そのため、男としての自信を取り戻せるようになるでしょう。

(3)ストレスを解消したい

仕事や家庭、人間関係などさまざまなストレスを抱えていれば、どこかでストレスを発散したいと考えるものです。

そして、そのストレス解消方法がセカンドパートナーを作ることに繋がるケースもあります。

妻には話せない家庭や仕事の愚痴をセカンドパートナーに聞いてもらえば、ストレスの解消に繋がります。

セカンドパートナーに会ったり連絡を取ったりすること自体がストレス発散になったりすることもあるでしょう。

(4)妻以外にも理解者がほしい

妻以外にも理解者が欲しいと考えてセカンドパートナーを作るケースもあります。

妻は夫にとって理解者ではあるものの、妻自身に対する不満や、家庭に関する悩み・愚痴は妻には話せません。

友人に話すこともできますが、セカンドパートナーは夫の味方になってじっくり話を聞いてくれます。

しかも、同じ既婚者として共感してもらえる部分も多く、妻とは違った良き理解者になってくれるのです。

(5)不倫によるトラブルは避けたい

不倫をすれば離婚や慰謝料などのトラブルに発展します。

そのため、不倫によるトラブルは避けたいと考えているものの、妻以外の異性と恋愛のような関係を楽しみたいと考えてセカンドパートナーを作ることもあります。

セカンドパートナーならば妻にバレてしまった場合でも、不倫ではないと言い訳ができると考えているのです。

あくまでも家庭が第一であるため、リスクの高い不倫は避けてセカンドパートナーという関係を選んでいると考えられます。

関連記事:

ピックアップ

離婚が子供に与える8つの影響と将来の不安を最小化する方法
離婚の切り出し方|切り出すタイミングと知るべき6つのこと
離婚の話し合いマニュアル|後悔のない話し合いとするために
離婚の種類は?4つの離婚の種類と具体的な手続きの流れを解説