防災ラジオ、もしもに備えどう選ぶ?どう使う?

ラジオの基本的な使い方

普段ラジオを聴かない人や、スマホのアプリで聴いている人など、ラジオの操作方法がよくわからない人も多いのでは。ここでラジオの基本的な使い方をおさらいしましょう。

(1)ラジオの電源を入れる

(2)アンテナをのばす

(3)アンテナの向きを調整したり、ラジオを窓際に置いたりなど、安定して受信できる場所を探す

(4)周波数を合わせるダイヤルを回して、聴きたいラジオ放送に周波数(テレビで言うところのチャンネルです)を合わせます。クリアに聴き取れるところまでダイヤルで調整します。

平常時に使ってみよう

災害時の備えはどんなものでもそうですが、ラジオも災害が起きる前に一度は使ってみることが大切です。

ラジオを使ってみる時に、ぜひ確認してほしいポイントが一つあります。それは、地元のコミュニティFMの電波を受信できるかどうか。

コミュニティFMは地域の情報を発信している放送局です。災害時には自治体と連携して、避難情報や支援物資などに関する情報を発信しているところも多くあります。広域の放送では聴けない、自分の住む地域に関係したより細やかな情報が得られるので、災害時に非常に役立ちます。

まずは「自治体名 コミュニティFM」でインターネット検索をして、ラジオ局の周波数を確認し、実際に聴けるかどうか試してみましょう。ラジオ本体に周波数をメモして貼っておくのもおすすめです。

また、災害時を想定して、防災ラジオと一緒に使用するアイテムも準備しておきましょう。

防災ラジオからスマホなどに充電しようと考えているなら、お手持ちの端末に合った充電ケーブルが必要です。ラジオに付属しているケーブルでは端子が合わないこともありますので、確認しておきましょう。また、避難所でラジオを聴くなら、イヤホンも必要になりますね。一緒に準備して下さい。

災害時の不安を少しでも和らげるために、情報源を確保するのはとても重要です。情報収集のすべてをスマホ一つで済ませようとすると、やはりスマホのバッテリーはすぐになくなってしまいますよね。ラジオを使えるようにしておくと非常時にとても役立ちます。平常時にラジオをいちど使ってみて、災害時に備えておきましょう。

<執筆者プロフィル>

シマサキアヤ

フリーランスライター

<関連する記事はこちら>

銀座の100均!ダイソーグローバル旗艦店で防災グッズ買ってみた

関連記事:

配信元

ピックアップ

大雪に警戒してください!停電や低温も…見ておきたい情報5選
水道管凍結の対策として、正しいものはどれ?
南海トラフ巨大地震は連続して起きるかも!「その時」どう行動する?
早朝が低温になりやすい条件として、誤っているものはどれ?