いつがキレイ?お月見は年3回できる【十五夜・十三夜・十日夜】見頃に起源や雑学を解説します!

いつがキレイ?お月見は年3回できる【十五夜・十三夜・十日夜】見頃に起源や雑学を解説します!

空気が涼しくなり、夜空が美しい季節になりました。

夜空といえば、星の観察やお月見ですよね。美しいお月さまを見ると、心が澄み渡るような気分になりませんか?

お月見と呼ばれる日付は、実は毎年変わります。

また、お月見は十五夜だけでなく、十三夜、十日夜と年に3回あることをご存じでしょうか。

この記事では、主婦歴19年目の筆者が、日本の美しい風習であるお月見を調査・検証してわかりやすく解説します。

さらに、知っていると使えるウンチクなど、お月見にまつわる話題を提供します。ぜひ生活のワンシーンで使ってみて下さい。

お月見っていつ頃からあるの?そもそも由来や起源はどんなもの?

秋の風を感じ始めると、街中やスーパーのポップ、お子様の行事で「お月見」を見かけることが増えますよね。
ふと、自分の子どもの頃を思い返し、母がお月見の支度をしてくれたことを思い出します。

しかし、お月見という行事はなんとなく知っているものの、しっかりと説明するには、ふわっとしていませんか?
そんな方は、ぜひこの記事を読み進んでお月見を知り、ちょっとしたウンチクなんかも言えるようにしてみましょう。

【お月見とは】起源は平安時代にあり

お月見の始まりは平安時代にさかのぼります。
古くから日本では月を眺める風習はあったものの、平安時代の貴族の間で流行したのが始まりとされています。

お酒を楽しみながら、さらには船の上で歌や雅楽を楽しみながら月を愛でる。
そんな雅やかな楽しみ方が、時代を経て庶民の間に流行したのは江戸時代になってから。

しかし、庶民のお月見は、収穫祭や初穂祭としての意味合いが強くなり、生活に密着した行事となっていったのです。

【お月見の時期】いつ頃がきれいに見える?

旧暦の8月。
空が澄み渡り1年の中で一番月がキレイに見える8月15日(旧暦)に十五夜の月を眺めることが、お月見とされています。

旧暦の8月15日なので、新暦に直すと、9月の中旬~10月の上旬に毎年十五夜が訪れるとされています。

なお、月の満ち欠けで導き出された旧暦と、太陽の動きを基準にした新暦とでは、1年の長さも始まる日も違うことから、十五夜の日が毎年変わるのです。

お月見はいつ頃するもの?年に3回あるって本当?

キレイなお月見を楽しめるチャンスは、1年に3回ほどあります。

・十五夜(2022年は9月10日)
・十三夜(2022年は10月8日)
・十日夜(2022年は11月3日)

お馴染みの十五夜をはじめ、こんなにあるんですね。
順番に見ていきましょう。

よく聞く「十五夜」はいつ?中秋の名月を楽しもう

「十五夜」というと、一般的には旧暦の8月15日のお月さまをさします。

旧暦は月の満ち欠けで繰り返されており、毎月新月を1日とするので、15日が満月となります。そして、実は旧暦ではすべての月に「十五夜」が存在しているのです。

また、なぜ「中秋の名月」と呼ばれているのかというと、旧暦の秋が7月・8月・9月であり、「中秋」は秋の真ん中を示していることからなのです。

1年のうちで空気が澄み渡るこの時期。最も美しいお月さまを眺めるのに適した季節とも言えるでしょう。

ちなみに、2022年は9月10日が十五夜でした。

「十三夜」って知ってる?お月見は十五夜だけじゃない

「十三夜」は十五夜のあとにある、旧暦の9月13日のお月見のことです。
2022年の十三夜は、10月8日になります。

「十三夜」とは、十五夜の次に美しいとされる月で、昔から大切にされてきました。
また、十五夜・十三夜のどちらかでしかお月見をしないことを「片見月」「片月見」といい、あまり縁起の良いものではないとされてきました。
なので、できれば十五夜と十三夜はぜひセットで楽しみたいものですね。

ちなみに、十五夜は中国伝来に対して、十三夜は日本発祥とされています。

お月見は年3回楽しめる!「十日夜」って知ってる?

「十日夜(とおかんや)」というお月見を聞いたことはありますか?

少し耳慣れない「十日夜」というのは、旧暦の10月10日におこなわれていた収穫祭のことです。
さらに、十日夜はお月見がメインの行事ではありませんが、十五夜・十三夜と並んで、月を楽しむ日にあげられます。

ちなみに、2022年の十日夜は11月3日です。

また、十日夜は田んぼの稲刈りを終え、田の神様を送る行事でもあるので、月齢に関係なく、新暦の11月10日におこなう地域もあります。
地方により内容は様々ですが、子孫繁栄や無病息災を願ったり、田の神様に感謝の気持ちを表したりします。

そして、十五夜・十三夜・十日夜のすべての日が晴れて、キレイなお月さまが空に浮かぶと縁起がいいものとされてきました。
美しい3つのお月さまを見ることができたら、確かに縁起がいいですよね。

関連記事:

ピックアップ

【りんごの切り方9選】基本から簡単でかわいいおしゃれな切り方まで図入りで解説!
【鍋つゆレシピ13選】定番からアレンジまで!お家で手作りを楽しもう!【管理栄養士監修】
キレートレモンがすごい理由!効果的な成分の解説や商品別の含有量を解説!【薬剤師監修】
納豆は賞味期限が切れても食べられる?傷んだサインの見分け方を管理栄養士が解説!