「脳梗塞」の症状・原因はご存知ですか?医師が監修!

「脳梗塞」の症状・原因はご存知ですか?医師が監修!

脳の血管が詰まり血流が悪くなることで、血管が細くなる・血栓ができるなどして脳細胞に障害が起こる病気が脳梗塞です。

高齢者が寝たきりになる原因の多くを占める脳梗塞は、初期段階での早期治療が大切といわれています。

そこで今回は脳梗塞についての質問にお答えしましょう。症状・原因・治療方法など詳しく解説しています。

また前兆となる症状についても紹介しているので、早期発見のための参考にしてください。

脳梗塞の症状と原因

脳梗塞とはどのような病気ですか?

脳梗塞とは脳へ血液を送る血管が細くなり、血栓ができて詰まることで脳細胞に血液が流れなくなり脳細胞に障害が起こる病気です。血液が届かなくなった脳細胞は時間が経つと壊死してしまい、壊死した脳細胞はよみがえることはありません。そのために早期治療が重要なポイントとなるのです。脳梗塞には血栓の詰まる原因によって以下の3つのタイプがあります。

ラクナ梗塞(細い血管が詰まる)

アテローム血栓性脳梗塞(太い血管が詰まる)

心原性脳塞栓症(心臓で出来た血栓による脳血管の詰まり)

動脈硬化が原因のことが多いラクナ梗塞は比較的軽い症状といわれています。同様に動脈硬化が原因のことが多いアテローム血栓性脳梗塞は徐々に悪化することもあり注意が必要です。心原性脳塞栓症は高齢者の多くが起こしやすい症状です。

脳梗塞の代表的な症状を教えてください。

脳梗塞は障害を受けた脳の部分によりその症状が違ってきます。主なものは次のような症状です。

手足や顔の痺れ

呂律がまわらなくなる

ふらつきがある

視野の半分が欠ける(片目が見えない・物が二重に見える)

激しい頭痛

手足の痺れは脊椎管狭窄症など他の病気でもあらわれる症状ですが、脳梗塞の場合は左右の現れ方に差があるのが特徴です。片手だけに麻痺がある・顔の片方だけが歪んでいる・片方の目が見えない、言葉がうまく話せないなどが代表的な症状です。また激しい頭痛が伴う場合もあります。こういった初期症状がある場合、早急な治療が必要となります。また初期症状が一時的に消失する一過性脳虚血発作がありますが、この段階で適切な治療を受けることが後遺症を残さないためには大切なのです。一過性脳虚血発作は数分〜数十分で症状が改善されるためつい放置しがちですが、初期症状の段階での処置が明暗を分ける場合もあるので注意しましょう。

後遺症が残る場合もあるのですね…。

脳梗塞は血栓の詰まった場所や広さによって症状は違ってきます。脳梗塞で障害が起きた脳の箇所によって障害が残ってしまうこともあるのです。後遺症には次のようなさまざまな症状があります。

運動麻痺

感覚麻痺

視野障害

失語症

高次機能障害

認知症・感情障害

片麻痺とも呼ばれる運動麻痺は、運動ニューロンを司る中枢神経が脳幹部で左右に交差しているため、基本的には脳梗塞に伴う障害が生じた脳実質の反対側の手足に麻痺が起こります。感覚麻痺は手や足の感覚が麻痺したりしびれを感じたりする後遺症です。失語症には思ったことが話せない運動性失語と会話が成り立たない感覚性失語があります。視野障害は主に視野欠損が後遺症として残る場合があります。今まで使っていたものの使い方がわからなくなったり、洋服の着方がわからなくなったりする後遺症が高次機能障害です。その他認知症や感情を抑えられないなどの精神障害が残る場合があります。

脳梗塞の原因を教えてください。

脳梗塞は脳の血管が詰まることが原因で起こります。脳梗塞の原因のもととなる疾患でもっとも多いのは高血圧です。最高血圧が140mmHgを上回ったら脳梗塞のリスクが高くなります。その他糖尿病・脂質異常症・心房細動などの疾患が原因になりやすく、生活習慣では喫煙や過度の飲酒も要因になると考えられます。

脳梗塞の生存率が知りたいです。

脳梗塞ではタイプによって生存率などが変わってきます。例えばラクナ梗塞では比較的症状も軽く、約80%が後遺症なく回復しています。死亡率も約1%と生存率はかなり高いのです。アテローム血栓性脳梗塞では死亡率が約7%、心原性脳塞栓症では19%と死亡率は高くなります。同時にアテローム血栓性脳梗塞では介護を必要とする後遺症の残る割合は約41%・心原性脳塞栓症では約45%です。いずれの場合も早期治療で生存率は大きくなります。

脳梗塞の検査と治療方法

受診を検討する目安を教えてください。

脳梗塞を疑う症状、顔の半分が歪む・片手が麻痺する・言語障害があるなどの異変がある場合には1分でも早い治療が必要になります。救急車を手配するなど早急な対応をしてください。初期症状を見逃さないことが大きなポイントとなります。初期症状では一時的に数分で症状が改善する一過性脳虚血発作がありますが、その後多くが脳梗塞を発症しているためこの場合も受診が必要です。脳梗塞の場合は発症からの時間がその後の状況に大きく関わります。おかしいと感じたら躊躇せず受診することが大切です。

検査にはどのようなものがありますか?

脳梗塞の疑いで受診した場合、まず医師は血圧を測り心臓の聴診を行い同時に問診を行います。そして次の検査を行います。

血液検査

頭部CT検査

MRI検査

超音波検査

血液検査では血糖値や感染症の有無を確認できます。脳梗塞の早期診断に必要なCT検査は脳の詳細な画像が作成され脳内の出血や血栓を発見するために行われる検査です。必要に応じてその他MRI検査や超音波検査などが行われます。

脳梗塞の治療方法が知りたいです。

脳梗塞と診断された場合、次のような方法で治療が行われます。

血栓溶解療法

脳カテーテル治療

薬剤治療

血栓溶解療法は脳梗塞の原因となった血栓を溶かし、再び血液を流れるようにするための治療です。発症から4.5時間以内に治療が可能とされる人のみ受けられます。t-PAと呼ばれる薬剤を静脈に点滴する方法ですが、大動脈解離を疑われる人・過去に大きな手術をした人・脳出血を起こした人には適応されません。脳カテーテル治療は直接カテーテルを血管内に挿入する治療法で、血栓回収術と局所線溶療法の2通りの方法があります。血栓回収術はカテーテルを血管内に挿入して血栓を取り除き、再び血流を開通させる治療法です。ただしこの治療法は症状が出て6時間以内で脳の中でも大きな動脈が詰まった場合に行われることが推奨されています。局所線溶療法はカテーテルを血栓の近くに挿入し、薬を注入して血栓を溶かす方法です。この局所線溶療法は、血栓回収術で取り切れなかった血栓に使われることが多いです。血栓溶解療法・脳カテーテル治療以外の方法として薬剤による治療も行われます。薬剤治療では次のような薬が処方されます。

抗血小板薬

抗凝固薬

脳保護薬

抗浮腫薬

これら薬剤による治療は脳梗塞の拡大防止・再発防止目的もあり発症の初期段階から取り入れられています。

関連記事:

ピックアップ

敏感肌と乾燥肌の違いは? 対策はどうしたらいいの?
「耳かきはしなくてもいい」という話もあるけれど…結局どっち?
物盗られ妄想はなぜ起こる? 原因と症状について介護福祉士に聞く
【闘病】「目が見えないから挑戦できる」 網膜色素変性症のパラクライミング日本代表