【みょうがの栄養】注目すべき成分豊富!おすすめの食べ方や効果効能・注意点を管理栄養士が解説!

【みょうがの栄養】注目すべき成分豊富!おすすめの食べ方や効果効能・注意点を管理栄養士が解説!

さわやかな風味が特徴のみょうが。

薬味として使われることが多い野菜ですが、栄養や期待される効能はどのようなものがあるのでしょうか?

また食べる際の注意点や食べ方を知っておくと、みょうがを安心して食べられ、効果をさらに高めてくれますよ。

今回の記事では「みょうがの栄養」について管理栄養士が解説します。

みょうがに含まれる栄養と期待される効能

みょうがにはカリウムや食物繊維などの栄養素をはじめ、アントシアニン、α-ピネンなどの注目すべき成分も含まれています。
どのような効能が期待されるのか、詳しくご紹介します。

動脈硬化やがん予防に役立つ「アントシアニン」

みょうがに含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、みょうがの赤色の色素の成分です。

抗酸化作用があり、動脈硬化やがん、免疫機能の低下の原因となる活性酸素の働きを抑えてくれます。

食欲増進を助ける「α-ピネン(アルファピネン)」

みょうがに含まれる香り成分であるα-ピネンは、食欲増進作用があるといわれています。

食欲がわかないときに薬味として料理に使うと、よいアクセントになり食欲を刺激してくれます。
冷ややっこ、そうめんなどのあっさりしたメニューなどによく合うでしょう。

むくみや高血圧の予防に役立つ「カリウム」

カリウムはむくみが気になる方や、血圧を下げたい方が意識して取り入れたい栄養素です。

むくみや高血圧の原因のひとつに、塩分のとりすぎがあります。
カリウムは余分なナトリウムを排出する働きがあるため、むくみや高血圧の予防に役立つ、というわけです。

カリウムは水に流れ出やすい栄養素であるため、野菜を生で食べることでムダなく摂ることができます。
生で食べることの多いみょうがは、カリウム補給に役立つでしょう。

便秘予防や血糖値対策に大切「食物繊維」

食物繊維は便秘予防や血糖値対策に大切です。
食物繊維は腸を刺激してぜん動運動を活発にしてくれます。
さらに、善玉菌を増やす働きもあるため、腸内環境を整えてくれ、便秘予防となります。

また、食物繊維は食後の血糖値の急上昇を抑える作用もあります。
食事のはじめに摂ると効果的といわれているため、みょうがを先に食べるようにするとよいでしょう。

※参照:文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」

みょうがを食べる際の注意点

みょうがはとくに身体に悪い成分が含まれているわけではなく、安心して食べて大丈夫です。

注意点をあげるとすれば、食べすぎに気を付けたいことがあります。
極端にたくさん食べると食物繊維を摂りすぎてしまい、消化不良や腹痛などを引き起こす可能性があります。

みょうがを一度にたくさん食べることはあまりないかと思いますので、気にしすぎる必要性は低いでしょう。

関連記事:

ピックアップ

【りんごの切り方9選】基本から簡単でかわいいおしゃれな切り方まで図入りで解説!
【鍋つゆレシピ13選】定番からアレンジまで!お家で手作りを楽しもう!【管理栄養士監修】
キレートレモンがすごい理由!効果的な成分の解説や商品別の含有量を解説!【薬剤師監修】
納豆は賞味期限が切れても食べられる?傷んだサインの見分け方を管理栄養士が解説!