「ごはん温まってないよ」「え、ママってパパの…」偉そうな夫に娘が強烈なひと言を!すると夫は…

「ごはん温まってないよ」「え、ママってパパの…」偉そうな夫に娘が強烈なひと言を!すると夫は…

わが家の役割分担は、家事育児は私が9割、夫が1割といった具合。夫も私も亭主関白制を望んでいるわけではありませんが、夫の仕事が忙しいため自然と私が家事と育児のほとんどをおこなう生活になっていて、家での夫の動かなさに憤りを感じることもしばしばです。そんな様子の私たちを見て娘が放った一言が、夫を動かすきっかけになったエピソードをご紹介します。



家事分担の比率を変えられない現状

子どもが生まれる前、仕事が多忙なために家事をまったくやらない生活をしていた夫。さすがに出産後は子どものお世話が大変になり、私の訴えもあって夫は余裕があるときには、お風呂掃除やゴミ捨てなどの家事を手伝ってくれるようになりました。


がしかし、今現在も仕事が立て込んでくるとやはりまったく家のことにはノータッチになります。そこで年に数回ある夫の仕事の繁忙期には私が育児と家事全般、また、時間差で食べる夫の食事の用意など、ちょっとした夫のお世話的なこともすべてやるのが当たり前の日々が続いています。

動かない上に態度も高圧的になってきた夫

しかし下の子はまだ3歳で手がかかるので、正直私もいっぱいいっぱいだと日々感じながらやっています。どちらかといえば謙虚な性格の夫ですが、結婚10年近く経ち、私にいろいろやってもらうのに慣れきってしまっていることに加え、仕事のストレスなどもあるのか、時々家での態度に高圧的な部分も感じられるようになってきました。


そんなときにはこちらも頭に血が上り、食ってかかりたくなりますが、夫も仕事で大変なのだろうと思い、我慢しながら折り合いをつけて生活していたのですが……。

関連記事:

ピックアップ

<ヤバい夫>「5万円ゲット」許されない方法で金を入手した夫。ソシャゲで出会った女性のため驚愕の…
「あなた家捨てますか?」相手の弁護士が味方に!?モラ夫に逆転勝利!やっと解放された<モラハラ夫>
<保育園トラブル>「もう無理だよ…」保育園の同僚から投げかけられた言葉に限界を感じて…
<歯列矯正で笑えるように>「そんなに出てるんだ…」友人に笑いながら指摘されたことがショックで