COEDOクラフトビール醸造所で、キャンプ型音楽フェス「麦ノ秋音楽祭」開催!

コエドブルワリーでは、キャンプ型音楽フェス「麦ノ秋音楽祭(むぎのときおんがくさい)」を、11月5日(土)9:00〜6日(日)15:00に、埼玉県東松山市にあるCOEDOクラフトビール醸造所敷地内にて初開催する。

持続可能なビールづくりを目指すコエドブルワリー

コエドブルワリーは、オーガニック青果物の専門商社である協同商事が1996年に設立。職人達による細やかなものづくりと、“ビールを自由に選ぶ”というビール本来の豊かな味わいの魅力と共に、農産物としてのビールという側面も伝えてきた。

2016年には、よりサステナブルなクラフトビールの生産活動を目指して、緑豊かな埼玉・東松山の地へプロダクションブルワリーを移転。ここでは近隣の牧場へ飼料として提供することで麦芽粕の100%リサイクルを実現しているが、中長期的ビジョンとして、ビール麦の有機栽培や排水を活用したバイオマス発電の導入も行い、より持続可能なビールづくりで地域との共生を目指している。

ビール×音楽の特別な時間

ビールは農産物であり、風土や文化をも繋ぐメディアだ。「麦ノ秋音楽祭」は、ビールを通じて人と人をつなぐことだけでなく、音楽という魔法をかけ合わせて、この土地の独自の風土や文化からなるテロワールを、この地に滞在することで最大限味わってほしいという想いから開催される。同地に赴き、丹精込めてつくられたビールを堪能し、美しい音楽に酔いしれ、自然に身を任せる。そんな特別な時間を、麦畑を抜けた先で体験することができる。

関連記事:

ピックアップ

【東京都港区】子ども向け日本語教室「みらい子ども日本語スクール 六本木クラス」オープン
「ごっこランド」&「すみっコぐらし」を通して、山口県下関市の魅力を発見!
茨城県水戸市に煎れたて珈琲の店「かもだ珈琲水戸店」がオープン
キーワードは嗅内野!「脳がどんどん強くなる!すごい地球の歩き方」発売