「寒冷蕁麻疹」ができる原因はご存知ですか?医師が監修!

「寒冷蕁麻疹」ができる原因はご存知ですか?医師が監修!

皮膚に突然ぶつぶつができ、強い痒みが出ることもある蕁麻疹は、寒さや冷えが原因となる場合もあるのをご存じでしょうか?蕁麻疹というと食べ物のアレルギーなどのイメージが強いかもしれませんが、冷たさや寒さといった寒冷刺激をきっかけに出るのが寒冷蕁麻疹と呼ばれる蕁麻疹です。

今回は寒冷蕁麻疹の症状や原因、治療法を解説していきます。

寒冷蕁麻疹とは

寒冷蕁麻疹とはどのような病気ですか?

冷たさや寒さといった寒冷刺激に皮膚が反応した結果起こる蕁麻疹の一種です。物理的な刺激が原因の蕁麻疹であることから、蕁麻疹のなかでも物理性蕁麻疹に分類されています。

刺激を受けた部分にのみ症状が現れる局所性寒冷蕁麻疹と、体が冷えて体全体に症状が現れる全身性寒冷蕁麻疹の2種類があります。

寒冷蕁麻疹の症状

寒冷蕁麻疹の症状を教えてください。

寒冷刺激を受けてすぐ~数十分後に、痒みを伴う蕁麻疹が出ます。多くの場合は症状が現れてから数時間~24時間以内で痕を残さず消えますが、刺激を再度受け、症状を繰り返してしまうことがあります。

軽症であれば、特別な治療をせずとも時間の経過とともに自然治癒していく場合がほとんどです。しかし、症状が全身に出る場合は、血圧低下によるショック症状で意識を失うこともあるため、医療機関での治療が必要です。

局所性か全身性かによって症状が現れる部位がそれぞれ異なります。

局所性寒冷蕁麻疹

局所性寒冷蕁麻疹の症状について教えてください。

体温よりも低い温度の氷や水に触れた部分と同じ範囲に発症します。

痒みや赤みを有する円形や地図のような形の腫れが一時的に皮膚に現れるのが一般的で、症状が重い場合は痛みを伴うこともあります。より軽症の場合は、痒みが少なく赤みだけがみられる場合や、痒みだけがみられる場合もあります。

全身性寒冷蕁麻疹

全身性寒冷蕁麻疹の症状について教えてください。

体の冷えによって、赤みを伴う小豆ほどの大きさの腫れが全身に拡がるのが特徴です。

特に症状が出やすい部位は以下の通りです。

背中

腹部

首まわり

関連記事:

ピックアップ

【闘病】温まると痒みが出たのが最初 難病「特発性後天性全身性無汗症」とは
「手足口病」を発症したら学校や保育園はどうするべきかご存知ですか?初期症状も解説!
【薬剤師に聞く】二日酔いに効く薬を教えて!
「機能性ディスペプシア」の自覚症状はご存知ですか?医師が監修!