ホワイトニング後の痛みはなぜ起こる? 痛みの原因や対策を歯科医師が解説

ホワイトニング後の痛みはなぜ起こる? 痛みの原因や対策を歯科医師が解説

「ホワイトニングをすると、歯が痛くなったりしみたりする」と聞いたことがある人もいるかと思います。ホワイトニングでは漂白剤を使用するため、その刺激を歯が痛みとして感じることがあるようです。しかし、全ての人が該当するわけではないそうです。ホワイトニングを検討されている場合には、このような痛みを予防する方法も気になるところですよね。そこで今回は、ホワイトニングで痛みを感じる原因や、痛みを予防する方法などについて「Imperial Topaz Oral care」の風野先生にお話を伺いました。

ホワイトニング時の痛みの正体

編集部

ホワイトニングをすると、歯がしみたり痛くなったりすることがあると聞きました。

風野先生

はい。たしかに、ホワイトニング(歯の漂白)によって、知覚過敏のような軽度の痛みや違和感を一時的に生じることがあります。しかし、これには個人差があり、ホワイトニングを受けた全ての人に症状が生じるわけではありません。

編集部

ちなみに、知覚過敏とはなんでしょうか?

風野先生

知覚過敏とは、むし歯などの異常がないにもかかわらず、歯ブラシが歯に触れたり冷たいものや甘いものなどを摂取したりしたときに歯に感じる一時的な痛みのことです。

編集部

なぜ、ホワイトニングで知覚過敏のような痛みが生じるのですか?

風野先生

ホワイトニングに使用する薬剤が歯に浸透するときに「象牙細管」という管にかかる浸透圧の変化と考えられています。歯は、刺激を「痛み」としか感じることができないため、浸透圧の変化を痛みとして感じるのです。

ホワイトニングで痛みを生じる原因

編集部

ホワイトニングで痛みを生じる人とそうでない人との違いは何でしょうか?

風野先生

歯の表面を覆うエナメル質の厚さや傷の有無などが考えられます。歯の中心にある象牙質は刺激に対して敏感ですが、常に痛みを感じずにいられているのはその上を覆うエナメル質の保護があるためです。しかし、このエナメル質がもともと薄い場合や傷が付いている場合には、象牙質を保護できなくなり、痛みを感じやすくなってしまうことがあるのです。

編集部

エナメル質を傷つけてしまう原因は何ですか?

風野先生

むし歯や歯周病がある場合、噛み合わせやブラッシングの癖などが影響していると考えられます。むし歯や歯周病があると、物理的にエナメル質が傷ついてしまうことがありますし、噛み合わせによっても強く噛み締めたり歯ぎしりをしたりすることで、エナメル質に傷がついてしまうことがあります。また、ブラッシング圧が強過ぎる場合や硬めの歯ブラシを使用する場合にも、同様にエナメル質を傷つける原因になり得ます。

編集部

エナメル質に傷がつくこと以外にも、ホワイトニング中に痛みを感じる原因はありますか?

風野先生

体調やホルモンバランスの変化によっても痛みを感じることがあります。とくに女性の場合は、月経や出産などのホルモンバランスの変化により痛みを感じやすい時期があるようです。そのため、ホワイトニングを受ける際は体調の優れた日を選ぶことも大切です。

関連記事:

ピックアップ

【闘病】温まると痒みが出たのが最初 難病「特発性後天性全身性無汗症」とは
「手足口病」を発症したら学校や保育園はどうするべきかご存知ですか?初期症状も解説!
【薬剤師に聞く】二日酔いに効く薬を教えて!
「機能性ディスペプシア」の自覚症状はご存知ですか?医師が監修!