【闘病】セカンドオピニオンで発覚した子宮頸がん。止まらなかった不正出血

【闘病】セカンドオピニオンで発覚した子宮頸がん。止まらなかった不正出血

闘病者のふみかさんが、異変に気がついたきっかけは不正出血。近所の婦人科を受診し検査するも「異常なし」という状況が約4カ月続いたといいます。別の病院を受診し、違う検査方法を試したところ、「子宮頸がん」が発覚、すぐに治療のできる病院で入院、手術となりました。抗がん剤治療を経て、現在は仕事にも復帰し、元気に過ごしているという彼女に、症状が出はじめたころから現在に至るまでを語ってもらいました。

※本記事は、個人の感想・体験に基づいた内容となっています。2021年9月取材。

体験者プロフィール:
ふみかさん

埼玉県在住、1984年生まれ。夫と2人の息子と4人暮らし。診断時の職業は、飲食店従業員。不正出血があり、家の近くの婦人科を受診。4カ月にわたり計4回検査をするも、異常なしとの結果。その後、違う病院で検査したところ「子宮頸がん」と診断される。入院、手術、抗がん剤治療を経て、現在は転移もなく、仕事にも復帰し、日常生活を送れている。

記事監修医師:
楯 直晃(リアラクリニック 院長)
※先生は記事を監修した医師であり、闘病者の担当医ではありません。

セカンドオピニオンで判明したがん

編集部

病気がわかったきっかけを教えてください。

ふみかさん

はじめにおかしいと思ったのは、不正出血が続いたときでした。近所の婦人科に行き、子宮頸がんの細胞診(子宮の入り口を専用のブラシで擦って細胞を採り、異常な細胞の有無を顕微鏡で調べる検査)を行いましたが、結果はとくに何もなかったんです。それでも不正出血は続き、約4カ月間、計4回検査をしました。毎回結果は何も出ないのに、不正出血は続いたんです。さすがにおかしいと思い、紹介してもらった市民病院で組織検査(子宮の入り口を一部けずりとり、細胞の集まりである組織を顕微鏡で調べる)をしてもらったところ、子宮頸がんという診断を受けました。その病院では、検査はしてもらえましたが、治療については対応していなかったため、すぐに都内の大学病院を紹介され、入院することになりました。

編集部

病気が判明したときの心境を聞かせてもらえますか?

ふみかさん

「4回も検査して何でもなかったのに、なんで?」と思いました。あと、正直、がんだとは思っていませんでした。結果は1人で聞きに行ったのですが「ほぼ(子宮頚)がんで決定です」と言われ、何にも考えられなくなってしまいました。真っすぐ家に帰る気にもなれず、近所に住む親友の家に立ち寄り、病気のことを話してちょっと泣いてしまいました。

入院中は同じ病気の人たちが支え

編集部

入院はすぐに決まったのですか?

ふみかさん

そうですね。すぐにCTとMRIで検査をし、がんが見つかったため、さまざまな治療法を提示されたなかで、医師と相談の上、約1カ月後に広汎子宮全摘出術をすること、CCRT療法という、抗がん剤と放射線を同時に使う治療を行うことが決まりました。子宮、卵管、卵巣、膣の一部や子宮周辺の組織のほか、骨盤内のリンパ節も含む広い範囲を切除しました。手術と治療に2カ月ほどかかりましたね。

編集部

入院前や入院中の体調について教えてください。

ふみかさん

治療前は、結構がんが進んでしまっていて、左足の付け根部分に痛みを感じ続けていたのがつらかったです。鎮痛剤を飲んでも眠れないくらいの痛みでした。手術したら痛みは消えると聞いて、早く手術したかったです。入院中は痛みにすぐに対応していただけたのでとてもありがたかったです。抗がん剤の副作用としては、吐き気やめまい、食欲不振、軽い脱毛などがありました。

編集部

入院、治療中の心の支えになったものはありますか?

ふみかさん

病棟に食堂があって、食事は部屋で食べても食堂で食べてもよかったのですが、そこに行くと、同じ病気の人や先輩たちがたくさんいて、お喋りしたり、アドバイスを聞けたり、すごく励みになりました。

関連記事:

ピックアップ

ヴィーガン食で不足しやすい栄養素を管理栄養士が解説 栄養不足の対策方法を紹介
「眠れない(不眠症)」と感じることはありませんか?医師が原因も解説!
「肺がん」になると現れる初期症状はご存知ですか?ステージについても解説!
「EDの症状」はご存知ですか?原因や併発する病気も解説!